gt-24o’s blog

わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

言葉シリーズ❽

真の権威とは勇気を忘れない者に与えられる。 映画『容疑者 室井慎次』より 柄本明が津田 誠吾役でこの言葉を放ちます。 私は踊る大捜査線シリーズが好きです。 おわり

部通信 part4

「部活動でどこまでどうやるか」前提の確認をします。部活動は有志の集まりです。「バレーボールを行う人が集まり活動する。」しかし、どう活動するのかは、活動する私を含めた部員たちが決めることです。 少なからず、君達をみていて私は、「バレーボールを…

非言語的感覚

本当に大切なこと・伝えたいことは、単語で一つや、ある短い時間の話では伝わりきらないと感じる。 毎日の出来事や言動に注視して、無意識レベルの感覚に問いとして呼びかけていく必要があると思う。 それは何年もかかることだ。 年数がかかればかかるほど難…

自分と他者から見た自分

「客観的に自分をみてみること。」 「他者の意見に耳を傾けること。」 などは、人と共に生きていくときに大切だと言われる。 自分から見た自分と、他者から見た自分は違う。 Aさんが見た自分と、Bさんが見た自分も違う。 そう考えると、”自分”という存在は環…

部通信 part3

「自由と責任」学校はどんな場所か。誰と学びたいか? 誰から学びたいか? 何を学びたいか?どう学びたいか? いつ学びたいか? なぜ学ぶのか? これらの要素が全て決められている。 これらの全ての要素は選べても良いものだろう。 学校ではこれらの要素が選べない…

一線

人と共に同じ時間を過ごすなら、 たくさんの能力を兼ね備えることよりも、 共に過ごす人の最も大切なことを軽んじないことだろう。 それは、 ふとした時も、 疲れた時も、 イライラしてる時も。 一線を守れることだろう。

部通信 part2

この部通信は現在の職場のバレーボール部の高校生へ向けて書いています。 高く飛ぶこと、素早く動くこと、判断力などの"機械的"に目に見える能力を向上させることには限界があることは確かです。 2年半となればさらに限りがあります。 可能性は捨てないにし…

面倒

面倒くさがる人は、面倒な人になりやすいと思っている。 と言う、私は面倒くさがりだ。 例えば、 先輩に仕事のことを聞いてみたとする。 しかし、 昨日行われた会議の資料に書いてあることを私が聞いてしまったとすると、 先輩も 「資料に書いてなかったっけ…

思いやり part2

part1 http://gt-24o.hatenablog.jp/search?q=思いやり 思いやりは、 人と接すること、 自然と接すること、 何かと共に生きていくとき、 ほんのほんの少しでいいから、ポケットに忍ばせたいものだなと思う。 しかし、 そうもいかない環境で、 思いやりが大切…

部通信

今年からバレーボール部の顧問となりました。 伝えたいことがあるとき、私は言葉にすることもありますが、文章にして残し、いつでも見られるようにしています。 以下の部員に向けたメッセージの一部です。 「力をどう使うか」ある集団の中で、他者が持たない…

哲学対話 × 南山大学

明日、5/25(土)10:00〜12:00 南山大学名古屋キャンパスQ棟3階 にて、 哲学対話の実践報告と、哲学対話を行う場を設けます。 https://www.facebook.com/events/1086118528442586/?ti=icl 聖霊高校の瀬尾さとみ先生と共同開催させて頂きます。 瀬尾先生は授業…

区切りのつけ方

仕事や私生活の区切りについて書いてみます。 教員の仕事は一年単位です。 ある程度は予測が立つものの、転勤がある関係で一年で区切りをつけることを念頭に置かなければいけません。 今年はバレーボール部の顧問になりました。 直向きにバレーボールを楽し…

身体の声 part2

・2年前にウィルス性胃腸炎になった時の記事 身体の声 - gt-24o’s blog 今週の月曜・火曜は、 鼻水・喉の痛み・頭痛・節々の痛み・めまいetc 体調不良の諸症状のオンパレードでした。 月曜は出勤しましたが、授業をやり終え帰宅しました。 火曜はお休みを頂…

共同生活

3月から共同生活をしています。 その中で大切そうなことを書いてみます。 ・生活を支えるのは対話 些細なことでも聴き・話し合う。これはいつかしないとな・・・と思うことほどすぐがいい。 gt-24o.hatenablog.jp ・住む場所が同じになっただけ+必要だから一…

旅とバスと電車

旅にいくと計画はするものの、決めた宿に行くこと以外は別にどう動いていもいいだろうくらいに思っている。 移動手段やら、どの時間のどのバスにのるとか、何を食べるとか、列に並ぶか並ばないかとか。色々。 どう過ごしてもいいのだけど、 ふと急ぐ自分に出…

箱根・伊豆旅行 ビアードブルワリー修善寺

伊豆へ到着後まずはこちらへ 伊豆いちごファクトリー|伊豆・村の駅 いちごのソフトクリームは販売終了になっていましたが、 いちごタルト・いちごショートケーキ・いちごショート大福を食すことができ、 宿に着いてからもプリンを頂きました。 そして! 私…

箱根・伊豆旅行 2日目

(↑2日目の芦ノ湖遊覧船に乗っているときに見えた円の虹) 昨日から箱根旅行に来ている。 [1日目の流れ] まずは、彫刻の森美術館へ。 箱根 彫刻の森美術館 THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM GW中の箱根だったが、 この美術館は、館というよりほぼ森である。 彫刻が…

本日已生

調子のいい日も、そうでない日もある。 しかしそれに一喜一憂していてもしょうがない。 まずはどんな時でも、今の自分をそのまま見てみること。 その日の自分はその日にしか立ち現れない。 そう考えると、 ”毎日の中に今日がある” というより、 ”今日は今日…

”一歩ずつ”は難しい

少しうまくいくと、一度うまくいくと、 もう大丈夫だ! なんて、 俺はできるやつだ! なんて思ってしまう。 1歩進んだのに、3歩進んだ気になってしまう。 表層的に結果が出てしまっても、 自分が進んでいる分はそんなに変わらない。 3歩進んで2歩下がる…

寝て起きたら動き始める世界

静かな夜にゆっくりとした時間を過ごしたいと思うことがある。 寝てしまうと、世は動き始めるから。 体力的には大丈夫でもココロの休憩が必要なときがこんな時になのかなと思う。 しばし、ゆったりとした時間を過ごそう思う。 おわり

苦手こそ

苦手なことはできるようになりたいことだ。 できるようになりたくないことは、そもそも意識に上がってこない。 苦手ご他者との比較から生まれている思い込みだとすれば、 その苦手の実態はぐらつくものだとわかる。 自分が作り出したものに他ならない。 苦手…

今日

今日の分は今日だけしか進めない。 というより、 今日の進み方は今日しか体感できない。 というのは、 今日の環境(世界)や体調(自分)は今日しか体験できない。 だから、 今日できなかったことはまとめて明日できるわけではないだろう。 「今日やることは…

思いやり

プレイヤーだと狭い視野になりがちだけど、 その角度だから見える・感じるものがある。 全体を見渡す人は、雰囲気や流れを感じることができる。 プレイヤーは自分に余裕があって初めて、全体を見ようとすることができる。 簡単なことじゃない。 全体を見る人…

場の公平さと主張力

何かを決める時、 その場にいることは重要だと思う。 (その場に呼んでほしいとその人が言っていることが、前提) その場にいない人になんの問題もなくデメリットがないだろうと思っても、そこにいる人には、そこにいない人のことはわからない。 99人の同意が…

責任と言葉とそれ以外の方法

ミスをして、 「集中していこうぜ!!」 「もっとこうしなきゃ!」 おそらくそんなことは、本人が一番わかっているだろう。笑 チャレンジ中の人に、チャレンジしていない人が思いやりのかけらもない声かけ・求めてもないアドバイスや評価。これらはネットの…

聞いてもいい・言ってもいい人

なんでも言っていいわけではないけど、 とりあえず聞いてくれる人。 言っても私を怖がらない人は、 その人の意見や思想とその人自体を切り離して話が聞けるからだと思う。 その意見や思想とその人自身を同一化してしまうと数少ない言葉と情報からその人を確…

そのこと

そのことを言わないから伝わらない。 そのことから逃げるから追いかけられる。 そのことをみようとしないから視界に入ってくる。 そのことが怖いのでなく、怯えているのは自分。 そのことを扱えなくたっていい。 そのことを求めてしまってもいい。 そのこと…

やれる時にやり、やれるようにやってみる。

・やれる時にやる やれる時にやるというのは、 やれる時だけやるのではなく、 やれる時にやるという前提。 なので、 やれる時にやるのだ。 ・やれるようにやる ”継続は力なり” なんていうけど、 その継続する量や内容は自分で決めていい。 全部やらなくてい…

勤続

今の職場は5年目になった。 長くいるってだけとか、 誰かとの関係が良くなったからとか。 そんなことだけで改善されてしまったことがあるように思う。 逆にこれを軽んじてきたとも言えますが。 怒らせてしまうだろうかと心配になることもある。 だけど、本音…

4月

4月は環境が変わる人が多いです。 新たな環境へ移ったとき、既にその環境にいる人たちはおそらく忙しく動いているでしょう。 その人たちも新たな仕事やチャレンジの準備をしています。 経験のないことにチャレンジしていくのは、その環境に入っていく人も既…