gt-24o’s blog

教員として働きながら、学習・交流団体「教師塾」を主宰しています。わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

このブログについて

  • ・ブログ概要

このブログ管理者プロフィールはこちらです。

https://www.facebook.com/ryo.nishio.90

教員をしながら、「教師塾」という学習・交流団体を主宰・運営しています。

https://www.facebook.com/kyoshizyuku

職場や教師塾での活動記録や、日々感じること、生徒へのメッセージなどを書き残しています。

 

・カテゴリー説明

ブログトップページから、カテゴリー別に記事が見られます。

1.  教師塾

2016年に活動を始めました。こちらが活動理念です。

教師塾 活動理念.pdf - Google ドライブ

教員として学校中で生活し、一般社会との感覚の差が開く危機感がありました。

教員こそ外へ出て社会(教員以外の人)との関わりを持ち、学校内だけ出なく普遍的に学ぶ必要のあることを模索し、学びの場を開く重要性を感じてます。学習・交流会は20回を数えました。

これまでのように楽しみながら、明日の生活が少しでも変化がある場にしていきます。

2.  寺子屋塾 中村教室

https://www.rakuda-method.com

学びのメインツールの一つである「らくだメソッド」を毎日取り組んで(取り組もうとして)います。通塾は原則週に一度で、教材を持ち帰って自宅で学習します。

この塾は、何をどう学んでいくかは塾生によって様々です。寺子屋塾が用意する学びのツールから得られる学びや、自覚する課題は人それぞれ違うからです。 

私は、「自ら学ぶ。」とは一体どういうことかを一から体験しているところです。

また、寺子屋塾では「日常が本番」といわれており、

職場では人(生徒)が、「自ら学ぶ。」に向かうには私はどう関わればいいのかを試行錯誤している日々です。

寺子屋塾の学びのツールの一つである、「未来デザイン考程」という思考フレームを身につけるワークショップの振り返りもこのカテゴリに含まれています。

3. らくだメソッド振り返り

寺子屋塾中村教室のメイン教材であるらくだメソッドについて

https://www.rakuda-method.com

ホームページにも書いてありますが、学習者が教材を決め、学習するペースを自分で決めます。

通塾した際に、一週間の学習通して感じたことなどを書き残しているのがこのカテゴリです。

自分が進んで学習できるようになってくる経過を私なりの言葉で表現しています。

4. 学校

現在の勤務校での出来事からしか私は言えることがありません。

学校全体や教育全体に対しての物言いになっている記事は、勤務校を想像して書いているんだと思って頂けると幸いです。 

5. 各種通信

クラスや、部活動生徒に向けて通信を書いています。ミーティングで伝えきれなかったことや、考えの前提などを書いて発信しています。

6. 哲学対話

哲学対話は、教師塾で行うワークショップの一つで、教師塾でも、学校でも行っているものです。

学習者の課題は一つ

学習者の課題は人それぞれである。

クラスに課題はない。

課題を抱えた学習者が組み合わされることで、それぞれの学習者が現状から目を背ける状況になっていく。

それを全体に呼びかけても、一人の学習者への課題解決にならない。

ある課題への解決策は一つしかないように、学習者の課題も一つしかない。

個と関わっていくしかない。

 

未来デザイン考程 「教員勤続10年目以後の働き方を考える。」

 未来デザインとは?という方はこの記事をどうぞ。

gt-24o.hatenablog.jp

 今年の6月から6回目の未来デザインを行っています。

テーマは、「教員勤続10年目以後の働き方を考える。」です。

理念設定はこちらのシートにまとめました。

drive.google.com

どんなテーマであっても、理念は抽象的になります。

今は叶えていなことで、これから生きていく上で叶えたいこと。

究極の方向性を見出していきます。

一度でこれがわかってしまっては生きることに悩む事はないです。

私は6回目ですが、やはり何度も変わってしまいます。

しかし、この理念が決まりさえすればその後のことは決まりやすくなります。

日頃、選択を迫られる場面が多いとは思いますが、人生についての理念を考えることは少ないでしょう。

もし興味があれば一緒に未来デザインを学べればと思います^^

自習する環境になれば自習できるようになるか。

 合わせて読んでほしい記事です。

今年度の授業では、授業のほとんどの時間を自習に充てている。

ある期間ごとに確認テストを行い、単位取得及び進級に必要な点数をラインとして、その点数に満たなかった場合は私と学習の相談を行っている。

この学習相談は、その学習者の盲点を対話を通して見つける役割を似合う。

学習を行うことを前提に、その手段や日時、場所を生徒が決めている。決して私が何かを指示することはない。それもあってか、勉強をしないと言い切る生徒はいない。

ここで初めて生徒は自分の状況を自分で見つめようとする。

自分と相談し、自分との約束をする。

自分で学校に残ると決めて学習を行うと私に質問もほとんどなく、確認テストもできてしまうことが多い。

 

自習を行いやすい環境を整えても、講義形式・次週形式(選べるようになっている)のどちらで授業を受けても、自分の学習次第であることに気づけても、なかなかカラダは動かないようだ。

アタマでわかったと判断しても、カラダが動いていなかったらそれはわかっていないのだ。

自習をしていれば、右から上がりに勝手に自習が出来るようにはならない。

その学習者の無意識下にある課題に気づけるように対話や事実ベースの情報を確認する必要がある。

直接的な表現で伝えてしまってはは”指摘”になる。

指摘せず、指示せず、生徒の無自覚下にある課題に自分で気づけるような関わりと対話を教材を通して行っていく。

これが私の役割なのだろう。

選ぶ手伝いを。

生徒から、「先生は知らないとばかり言うので困る!」

と言われた。笑

笑ってはいたが、困る部分もあったのだろう。

生徒には、私に判断できないことを知らないと表現していると言っている。

私は、生徒からの問に対して、「良い」とも「ダメ」とも言わないことが多い。

なぜそれを問うのか。その行動をとった責任はとれるのかなどを問うようにしている。

全体の指導方針はあるが、その中で出てきた意見や質問をYES or NOで判断すると、

「西尾にこうだと言われた。」だけが残る。

AとBの選択肢があったとして、Aの選択、Bの選択それぞれにどんなこと起きるかを問いかけ、自分で選んでもらう。

自分で選んでもらうというより、その人にしか選べないからだ。

 

判断することもある。

それは「いいね!」と「嫌。」である。

私はこう思った。と伝える。

YES or NOで人を動かしても、その人の選ぶ力や目が養われない気がしている。

部通信 part31

[成長]

成長は一人だけのものではないと思う。

チームメートとのライバル関係や、他の選手から求められることでも力がついてきたのではないだろうか。

自分がどう成長すれば?

チームのためにこれができるようになれば、、、

そんな意識が自分を成長させてくれる。

そう思わせてくれたチームメートにも感謝しよう。

そして、自分を成長させた自分とこれからも歩んでいこう。