gt-24o’s blog

教員として働きながら、学習・交流団体「教師塾」を主宰しています。わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

このブログについて

  • ・ブログ概要

ブログ管理者プロフィールはこちらです。↓

https://www.facebook.com/ryo.nishio.90

教員をしながら、「教師塾」という学習・交流団体を主宰・運営しています。

https://www.facebook.com/kyoshizyuku

職場や教師塾での活動記録や、日々感じること、生徒へのメッセージなどを書き残しています。

ブクログで読書記録しています。

booklog.jp

共通の本を読んでいたり、共通の積読がありましたら読書会をしましょう!

 

・カテゴリー説明

ブログトップページから、カテゴリー別に記事が見られます。

1.  教師塾

2016年に活動を始めました。こちらが活動理念です。

教師塾 活動理念.pdf - Google ドライブ

教員として学校中で生活し、一般社会との感覚の差が開く危機感がありました。

教員こそ外へ出て社会(教員以外の人)との関わりを持ち、学校内だけ出なく普遍的に学ぶ必要のあることを模索し、学びの場を開く重要性を感じてます。学習・交流会は20回を数えました。

これまでのように楽しみながら、明日の生活が少しでも変化がある場にしていきます。

2.  寺子屋塾 中村教室

https://www.rakuda-method.com

学びのメインツールの一つである「らくだメソッド」を毎日取り組んで(取り組もうとして)います。通塾は原則週に一度で、教材を持ち帰って自宅で学習します。

この塾は、何をどう学んでいくかは塾生によって様々です。寺子屋塾が用意する学びのツールから得られる学びや、自覚する課題は人それぞれ違うからです。 

私は、「自ら学ぶ。」とは一体どういうことかを一から体験しているところです。

また、寺子屋塾では「日常が本番」といわれており、

職場では人(生徒)が、「自ら学ぶ。」に向かうには私はどう関わればいいのかを試行錯誤している日々です。

寺子屋塾の学びのツールの一つである、「未来デザイン考程」という思考フレームを身につけるワークショップの振り返りもこのカテゴリに含まれています。

3. らくだメソッド振り返り

寺子屋塾中村教室のメイン教材であるらくだメソッドについて

https://www.rakuda-method.com

ホームページにも書いてありますが、学習者が教材を決め、学習するペースを自分で決めます。

通塾した際に、一週間の学習通して感じたことなどを書き残しているのがこのカテゴリです。

自分が進んで学習できるようになってくる経過を私なりの言葉で表現しています。

4. 学校

現在の勤務校での出来事からしか私は言えることがありません。

学校全体や教育全体に対しての物言いになっている記事は、勤務校を想像して書いているんだと思って頂けると幸いです。 

5. 各種通信

クラスや、部活動生徒に向けて通信を書いています。ミーティングで伝えきれなかったことや、考えの前提などを書いて発信しています。

6. 哲学対話

哲学対話は、教師塾で行うワークショップの一つで、教師塾でも、学校でも行っているものです。

戒めるとは

私は自戒を込めて文章を書くことが多い。

物事を多角的に捉えようとする姿勢からだろう。しかし、ブログ全体が暗くなりすぎてもいけないと思う。笑

 

誰のせいにもせず、自分で考え、自分の言葉で発し、自分の行動を起こすのなら、それらの効果を省みて、改善する必要がある。

物事に正解はないとは言うが、特に人との関わりにこそ正解はない。

正解はないが、自分が大切で伝えたいと思っていることが伝わっているか、身について欲しい感覚は身についているかは確認すべきだろう。

Aという効果をもたらそうとして、Bではいけない。

AαやAβでありたいし、αやβの正体は突き止めたいところだ。以下に最近起こった出来事の自戒を残しておく。

 

[できない人のために自分がいるのに。」

学び続けている(と思っている)私(人)は、時に学んでいない(だろうと決めつけている)人に攻撃的な態度をとってしまうのか。

について考える。

既に書かれているように、

自分のことを意識的に学び続けていると思う必要のある人はまだ自分のイメージするほど学べていないか(自分で決めたことを自分でコツコツとやりきれていない2)、"頑張って"学んでいるのではないかと考える。

特に後者は、

「私は頑張ってこのことに気づいたのにあなたはこんなことを知らないのか。」

と言う態度だ。

私は疲れているときや、余裕がない時にこうなってしまいがちである。

そして、知らない、できない相手のことを怠惰だと決めつけてしまう。

こんな時は何のために学んでいるのかに立ち返る。

自分が困ったことを改善し、それを誰かに伝え、お互いに生かし合うために学んでいるはずだ。

一時的にも学んでいないと決めつけて、その人にに不本意な対応したのなら、その人へもう一度自分のしたい関わりをして、そんな関わりをしてしまった自分を責めないようにしたい。

戒めるときは、間違いを正し、正しく関わり、自分を許してあげてほしい。

部通信 part35

[選択・覚悟・時間・命]

私は自分の時間を生きる。

自分の時間を大切にして、他者の自分も大切にする。

これまで部の参加を強制したことはなかったはず。志のある者で決めて、やりきってきた自覚がある。

 

私は大切な人たちと暮らしている。

学校を一歩でれば、君らにも多くの時間を過ごす大切な人がいるだろう。

どの人との時間がどれくらい大切かは測り切れるものではなく、正解はないが、自分の時間の使い方は個人が決めることだ。

他人に決められるものではない。

 

私にはなりたい自分がいる。

今の自分を自分で受け入れているが、

なりたい自分なりきれていない部分もある。

なりたい自分になるために、私は常に学ぶことを探し、学び続けている。

週に一度は自分を成長させる場に通い、(主に月曜に行っている。)

学習会を主催し、

2年間に及ぶ大学の研究に参加させてもらっている。

 

時間は命だ。

使いたいこと・使うべきことに時間を使おう。

関わりたい(大切な)人・(仕事のために)関わるべき人に自分の価値を存分に発揮しよう。

 

身体はひとつ。

どこにどれだけの時間を割くかは、自分の頭で考えて最善を尽くすべきだ。

 

君らも考え、覚悟を持って選択してほしい。

今後、自分たちは何に時間を使い、どんな能力を身につけて、どんな人に、どれくらいの時間をかけて関わり、自分をどう生かし、何を残すのか。

 

こんな話ならいつでもできる。

何でも聞いてね!

数学免許

私は寺子屋塾中村教室へ通塾し、メイン教材のらくだメソッドを毎日取り組んで、9月で4年になった。

gt-24o.hatenablog.jp

 ↑この記事にもあるように、

週に一度の通塾の際に、自宅での学習を振り返っての気づきや、寺子屋塾でらくだ教材を終えた後の感覚を書いている。

 

 [やりたいことでもなく、やりたくないものでもないこと]

冒頭にもあるように、ラクダメソッドという算数・数学のプリント(英語や国語もある)を1日1枚やると決めている。やる日もやらない日もある。

4年で小・中の教材を終え、現在は高校教材に入り、2次関数のプリントに取り組み始めたところだ。

4年は日数にすると1460日ある。

1460日続けてプリントに取り組めていないものの、体感では1000日はプリントをやった気がしている。

この教材を始めるのに、数学が好きとか嫌いとか、何かをこの教材から学んでやろうなんて気持ちは全くなかった。

寺子屋塾に通い始めたのは、未来デザインというワークショップに興味があったからだ。

数学のプリントはやりたいことでもなく、やりたくないことでもなかった。

今もそれは変わらない。

しかし、プリント教材を何の目的も目標も持たず、一日1枚のプリントをやっていく中で多くの気づきや学びがあった。

教員であることもあり、これらの気づきを生徒たちと共有できたら嬉しいなぁと思うようになった。

数学の免許を取り、採用試験を受け直すことにした。

やりたいこと・やりたくないことに関係なくやり続けたことが結果的にやりたことになってしまったのだ。(平井さんがおっしゃっていた状況な気がする。)

 

数学の教員になると決めた。

そして、その道筋をゴールから逆算した。目標やいつまでに何をどれだけやるかを考えてみた。

すると、少しらくだプリントをやる手が止まった。焦りもでた。

らくだプリントに目的や目標はいらない。

1日1枚コツコツやっていくことが1番の近道なのだと気づいた。

高校教材が終わったところで教員免許をどうするかは考えればいいのではないかと思った。

 

追記 (2021.1.18 この記事を書き終えてすぐ。)

数学の教員になりたい

という気持ちも嘘ではないが、

らくだプリントで学んだことを伝えていきたい

の方がしっくりくる。

その手段として、数学の教員がある。

らくだプリントの高校教材が終わってから考えよう。

f:id:gt_24_o223:20210118173042j:image

ブクログを始めてみます。

booklog.jp

ブクログは本のレビューや読書記録を共有できるサービスです。

読んだ本、これから読みたい本、積読本などを分類することができ、

その人が手にしたことのある本が本棚のような形で見ることができます。

共通の読み終わった本、積読があれば一緒に読書会をしましょう!

お声かけください^^

独学大全

 

現在、こちらの本を読んでいる。

目次を挙げてみる。

第1章 志を立てる

第2章 目標を描く

第3章 動機付けを高める

第4章 時間を確保する

第5章 継続する

第6章 環境を作る

第7章 知りたいことを発見する

第8章 資料を探し出す

第9章 知識への扉を使う

第10章 集めた資料を整理する

第11章 情報を吟味する

第12章 読む

第13章 覚える

第14章 わからないを克服する

第15章 自分の独学法を生み出す

国語独学の骨法

英語独学の骨法

数学独学の骨法

 

各章ごとに各章の重要性が説かれ、その章の要素を獲得するための技法が載っている。

各章の重要性だけでも読む価値があり、現在の自らの学びにどの章の要素が足りていないかが分かる。

何を、いつまでに、誰が、誰のために、どこまでの精度で学ぶのかは学び手によって違う。

その人に必要なポイントが、理由と技法がセットで載っているので、どこからでも読める。

1人で自分に必要な学びを支援してくれる一冊だ。