gt-24o’s blog

教員として働きながら、学習・交流団体「教師塾」を主宰しています。わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

このブログについて

  • ・ブログ概要

ブログ管理者プロフィールはこちらです。↓

https://www.facebook.com/ryo.nishio.90

教員をしながら、「教師塾」という学習・交流団体を主宰・運営しています。

https://www.facebook.com/kyoshizyuku

職場や教師塾での活動記録や、日々感じること、生徒へのメッセージなどを書き残しています。

ブクログで読書記録しています。

booklog.jp

共通の本を読んでいたり、共通の積読がありましたら読書会をしましょう!

 

・カテゴリー説明

ブログトップページから、カテゴリー別に記事が見られます。

1.  教師塾

2016年に活動を始めました。こちらが活動理念です。

教師塾 活動理念.pdf - Google ドライブ

教員として学校中で生活し、一般社会との感覚の差が開く危機感がありました。

教員こそ外へ出て社会(教員以外の人)との関わりを持ち、学校内だけ出なく普遍的に学ぶ必要のあることを模索し、学びの場を開く重要性を感じてます。学習・交流会は20回を数えました。

これまでのように楽しみながら、明日の生活が少しでも変化がある場にしていきます。

2.  寺子屋塾 中村教室

https://www.rakuda-method.com

学びのメインツールの一つである「らくだメソッド」を毎日取り組んで(取り組もうとして)います。通塾は原則週に一度で、教材を持ち帰って自宅で学習します。

この塾は、何をどう学んでいくかは塾生によって様々です。寺子屋塾が用意する学びのツールから得られる学びや、自覚する課題は人それぞれ違うからです。 

私は、「自ら学ぶ。」とは一体どういうことかを一から体験しているところです。

また、寺子屋塾では「日常が本番」といわれており、

職場では人(生徒)が、「自ら学ぶ。」に向かうには私はどう関わればいいのかを試行錯誤している日々です。

寺子屋塾の学びのツールの一つである、「未来デザイン考程」という思考フレームを身につけるワークショップの振り返りもこのカテゴリに含まれています。

3. らくだメソッド振り返り

寺子屋塾中村教室のメイン教材であるらくだメソッドについて

https://www.rakuda-method.com

ホームページにも書いてありますが、学習者が教材を決め、学習するペースを自分で決めます。

通塾した際に、一週間の学習通して感じたことなどを書き残しているのがこのカテゴリです。

自分が進んで学習できるようになってくる経過を私なりの言葉で表現しています。

4. 学校

現在の勤務校での出来事からしか私は言えることがありません。

学校全体や教育全体に対しての物言いになっている記事は、勤務校を想像して書いているんだと思って頂けると幸いです。 

5. 各種通信

クラスや、部活動生徒に向けて通信を書いています。ミーティングで伝えきれなかったことや、考えの前提などを書いて発信しています。

6. 哲学対話

哲学対話は、教師塾で行うワークショップの一つで、教師塾でも、学校でも行っているものです。

ボーダレス・アートミュージアムNO−MA と 古久保憲満さん

今回の旅では近江八幡に寄りました。

飲みたいビールを飲みに行ったら臨時休業であったのは残念だったのですが、

https://www.no-ma.jp

こちはの美術館に寄りました。

8/11からこちらの展示テーマになっていました。

f:id:gt_24_o223:20220812170222j:image

古民家を改修したような佇まいで不思議で落ち着く空間でした。

展示作品の中で唯一?写真NGの作品がありました。

その作品を見たとき,「ざわっっ」としました。

どういう経緯でこの作品が出来たのか、どんな人が書いたのか、何を伝えたかったのか。

アタマで考えたものさっぱり想像できなかったのですが、作品のエネルギー量に驚き、作者さんの名前だけメモをしました。

お名前は古久保憲満さん。

調べてみると、記事や作品の写真がでてきます。

https://news.line.me/articles/oa-shujoprime/474083365704

 

作品の写真は出てくるのですが、

本物の細かい描写のびっっっしり感は見てみないとわからないなあと思いました。

展示されていた作品は5年の歳月をかけたそうです。

展示室一室の壁をパノラマで覆うように展示されていました。

こういう出会いが旅の醍醐味だと感じます。

不安の中で考え続ける

お盆休みに本を読んでいます。

f:id:gt_24_o223:20220812154749j:image

「考える教室」 若松英輔

第3章 「働く」ことについてーハンナ・アレント『人間の条件』

アレントは、自らの試みを「最も新しい経験と最も現代的な不安を背景にして、人間の条件を再検討することである」と述べています。ものごとを考えるための要素「不安」というものがあるというのです。

不安を感じるのは、解答が見つからないときです。つまりアレントは、答えがなく揺れ動いているという現実を背景にして自らの哲学を樹立しようとしている。何か確固とした見解や経験を背景にするのではなく、舟が大きく揺れるような不安定な状態で、ものを考え続けていくことが大切だというのです。

仕事を始めて10年が経とうとしています。

これまで出会った不安の種類もいろいろ。

既に規定された範囲内のことをやり切れるかどうかという不安は新たな環境ではつきものでしたが、年数を重ねる毎に減っています。

本書では、

1章はプラトンの「ソクラテスの弁名」から「対話する」ことについて、

2章はデカルトの「方法序説」から「考える」ことについて書かれています。

不安が減ってきている今こそ、

自らや他者に問い、対話し、考え、仮定を作り出し、実行に移そうとすることによって新たな不安が生むチャンスだと読みときました。

 

学校で起こる諸問題は10年経っても変わりません。

それらの諸問題に自分の考えをある程度用意できている状態でもあります。

しかしながら、その考えはその都度、目の前にいる人たちと考えないといけない。

問わないといけない。その人たちとの納得解・妥協点を見つける。

また、問題が吹き飛ぶようなアイディアや仕組みを作らないといけない。

同じようなことでも、都度再考し、一つ一つのことから学びを抽出し、共有し合っていきます。

 

習慣

Googleで習慣と調べてみると、

「ある事が繰り返し行われた結果、その事がしきたりになること。」

ここでは後天的につける習慣について考えてみ。

 

・「習慣がある。」とは?

「読書が習慣である。」とはどんな状況だろう。

例えばAさんが「1日30分の読書」を自分で課したとする。

Aさんは自分で決めた日から1年間「1日30分の読書」を昨日までしているが

今日はしていないAさんには習慣があるだろうか?

条件によって習慣の有無ははっきり分けられないが、

この例で言えば、「自分で決めた日から1年間「1日30分の読書」を昨日までは行っている。」という事実はある。

 

・習慣は結果。

習慣は結果であるので、習慣をつけようと頑張る必要はない。

ただ、自分の決めたこと、決めたスパンで淡々とやる。

これの積み重ねが結果として習慣と呼ばれる。

実際に自分の決めたことを、決めたスパンで淡々とやろうとすると、習慣の有無に気が向かなくなってくる。

 

・習慣の有無に一喜一憂するのは過去と未来に気を取られている。

これまでやってきたし、これからもやれるから自分には習慣がある。と思うのは自由だが、やってきたこと、これからやることは、今ここには存在しない。

今、今日やることをやる。

 

・目的と前提の違い

後天的に習慣をつける前段階には目的があることが多いと思う。

目標・目的を達成するための手段として何かを習慣化するにしても、自分で決めたことを、決めたスパンで淡々とやることは、目的ではなく前提となる。

ただ、目的の有無に関わらず習慣はつけられる。

大いなるどんな目的があっても、なくても何かを習慣化する時にやることは大きく変わらない。

もちろんモチベーションは大切だが、モチベーションに頼らずに日々、自分と向き合うことは簡単ではないが、副産物が大きかったりする。

 

・習慣の難易度

人によって習慣には難易度がある。

本を読むことが苦手意識があるあればチャレンジすべきだ。

「あぁ、トリプルアクセルが苦手だ、、、。」

と苦手意識を持ちながら生活している人を何人も見ることがないように、

苦手なことは、自分で認識している中で出来るようになりたいと思っている事柄だから。

そして、あんまり簡単すぎてもすぐに習慣化できてしまう。

 

・やる前とやっている最中の意味の違い

一見、その習慣に意味はあるのか?と思うものもあるかも知れない。

しかし、

「毎日やらないとそのことに意味があるかないか証明ができない。」のは事実だし、

「同じことをやっていても人によって感じ方が違う。」ので、

毎日コツコツが苦手だ、、、という人こそ取り組んでみると、当初得ようと思ったこと以外のことにたくさん気づけると思う。

私のお世話になった居酒屋の店長はオープン前や、2回転目(17:00オープンなら、1次会の終わり20:00くらいからの時間)の時間に店の裏のドアを開けて駅を眺めるという習慣があった。

時期(暦)や肌感や目視で感じるもので、この後の仕込みやバイトの数、他店へスタッフを回すか、戻すかを判断していると聞いたことがある。

その行動は、ただドアを開けて外を見るだけだ。しかし、その定点から同じタイミングに多様な着眼点を持ちながらある行動をとるのは意味があるのかもしれない。(店長にしかわかりえない。)

 

・淡々と決めてやると必ず自分と向き合うことになる。

何かをやるには量・質・時間などの基準や要素がある。

自分が納得する基準作りもまた、自分と向き合う上では重要な要素だ。

これまでの生活の中に、何かの習慣を取り入れるには、時間をつくる必要がある。

時間をつくるだけでなく、そのことをやりきるコンディションを整える(余裕が)必要だ。

何か一つのことをコツコツやろうとする営みの中で内容、質、時間、時期を考慮できるようになってくる。

これは、仕事にも役に立つ。

また、土日をどれくらい休み、どれくらいアクティブに楽しむか。

この時期の自分はどんな状況だろうか?と予測がたつようになってくる。

日々,自分と向き合うことには、習慣をつけること以上の意味がある。(と感じている。)

 

・誰かと取り組みを共有すること。

1人ではなかなか続けられない。“できない“体験は1人で抱え込むと“やりたくない”に変化してしまうが、“できない”を共有して自分だけじゃないことを確かめることで、自分が特別にできない特性がある人間じゃないことに気づける。後天的に習慣をつける能力は、先天的に備わっていない能力だと思う。誰もが一度は、続けることの難しさを感じたことがあるように思う。(私もその1人。)

 

・習慣を言い換えてみると

習慣は、

「ある事が繰り返し行われた結果、その事がしきたりになること。」

だった。

そこに自分なりに肉付けをしてみる。

習慣をつけようとする営みの中で、(日々の取り組みを積み重ねること)で、狙っていたなりたい自分になれるかもしれないし、なる予定のなかった新たな自分になれるかもしれない。

やってみないことには、新たな自分は顔を出さない。

日々、自分で自分の決めた通りに自分に動いてもらう(ように仕向ける)。

ってことは、

自分で自分のイメージ通りに自分を成長させることに近い。

「これはある程度できるなっ。」と思えるということ。また精度が良くなるのは、

ある程度の未来の自分を想像して、そこに自分を近づけることができるという自覚が生まれるということ。

自分のイメージした自分にならなかったとしても、これまでと違った自分にはなれる。

それは面白いことだし、これまでの自分のなりたい像なんて実は大したことはなくて、もっと違う想像以上の自分になれる可能性まである。(途中で自分のへぼさに嫌になる時もある。)

 

・書いてみて

私は1年ほど前まではコツコツとブログを更新しておりました。

最近は書いていないので習慣について気軽に書いてみようと思ったらこのボリュームになってしまいました。

習慣について書いたとなれば、習慣について習慣を通して学んでいる場についても紹介させて頂きます。

数年通っている寺子屋中村教室では、習慣との関わり方を今でも学び続けています。

https://terakoya-juku.com/

長い記事を読んでくださり、ありがとうございました。

 

「世界は贈与でできている」読者会に参加して

f:id:gt_24_o223:20220712180414j:image

この本の読書会に参加しました。

開催場所はこちら!

https://terakoya-juku.com/blog/detail/20211222/

 

本会では1章を音読し、感想・疑問をシェアしました。

会を通じて印象に残ったのは、

贈与・偽善・自己犠牲・交換

これらの言葉のバランスについてです。

何箇所か引用してみます。

偽善・自己犠牲・交換について

「お金で買えないものが贈与である以上、与えた側はそこに見返りを求めることは出来ません。もし何らかの見返りを求めるのであれば、それは経済的に計算可能な「交換」となります。」

「〜人からよく思われたい、褒められたい、誰かに貢献することで自分が満足したい、という目的が透けて見える行為を、人は偽善と感じるのです。」

「プレヒストリーなき贈与は必ず疲弊します。 略 それを「自己犠牲」といいます。」

この辺の違いについて気になる方には面白い本かなと思います。(まだ1章しか読んでいませんが。笑)

 

贈与について(引用と解釈を同時に書いてみます。)

・贈与は相手が受け取ったと感じなければ贈与でない。

・贈与には(受け取るまで、贈与だったと気づくまでに)時間差がある。

「私たちが必要としているにもかかわらずお金で買うことができないもの及びその移動のこと。」

「私たちは他者から贈与されることでしか、本当に大切なものを得ることができない。」

・一人では何も出来ない赤子として生まれ、育つ時点で贈与をもらってしまっている

・既に受け取っている被贈与感(負い目)によって次なる贈与は行われる。

・贈与はつながりを生む。

・(私の思う)本質的なの贈与は、もらった人に返すことが難しい。

「贈与は贈与を産まなければ無力である。」

 

まとめ

本会から自分を振り返ると、教員という仕事柄、「誰かのために」と考えることが多い。

それでも、まずは自分が楽しいこと、自分がしんどすぎないこと大切にしている。

だから、偽善的な要素は少ないと思っている。

しかし、贈与は相手は相手が勝手に贈与だと受け取ることもある。

自分が思うより喜んでもらえたりするし、こちらがなんとも思っていなくても贈与だと認識されたりする。

また、迷惑かけまいと自分一人で頑張るのも大事が、打算なしに誰かに頼って頼られて、健全な負い目を感じる・感じもらうことができれば、贈与は連鎖するのではと思った。

プレゼント

先日、パートナーの誕生日だった。

ともにケーキを食べ、祝えた。

プレゼントを渡したいが、これが難しい。

食べ物には全くこだわりがなく、

何を着ても似合うが、欲しいものがあってもとても慎重なタイプなのだ。

欲しいものを聞いてもスッとでてこない。

私は明日、名古屋で色々探してみるつもりだが全く目星がついていない。

 

とはいえ、私も何が欲しいと言われると困るタイプだ。

自分で買えばいいものは自分で買いたい。笑

自分で買いたいものと買ってもらって嬉しいものってなんだか違う気がする。

 

プレゼントは“もの”である必要もない。

1人の時間だったり、マッサージだったり。

 

それでも、全く想定していなかった「助かる〜〜〜!!」というアイテムや提案を考える日々だ。

そんなアイディアを探しに、明日は名古屋をぶらぶらしてみようと思う。