gt-24o’s blog

教員として働きながら、学習・交流団体「教師塾」を主宰しています。わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

このブログについて

  • ・ブログ概要

ブログ管理者プロフィールはこちらです。↓

https://www.facebook.com/ryo.nishio.90

教員をしながら、「教師塾」という学習・交流団体を主宰・運営しています。

https://www.facebook.com/kyoshizyuku

職場や教師塾での活動記録や、日々感じること、生徒へのメッセージなどを書き残しています。

ブクログで読書記録しています。

booklog.jp

共通の本を読んでいたり、共通の積読がありましたら読書会をしましょう!

 

・カテゴリー説明

ブログトップページから、カテゴリー別に記事が見られます。

1.  教師塾

2016年に活動を始めました。こちらが活動理念です。

教師塾 活動理念.pdf - Google ドライブ

教員として学校中で生活し、一般社会との感覚の差が開く危機感がありました。

教員こそ外へ出て社会(教員以外の人)との関わりを持ち、学校内だけ出なく普遍的に学ぶ必要のあることを模索し、学びの場を開く重要性を感じてます。学習・交流会は20回を数えました。

これまでのように楽しみながら、明日の生活が少しでも変化がある場にしていきます。

2.  寺子屋塾 中村教室

https://www.rakuda-method.com

学びのメインツールの一つである「らくだメソッド」を毎日取り組んで(取り組もうとして)います。通塾は原則週に一度で、教材を持ち帰って自宅で学習します。

この塾は、何をどう学んでいくかは塾生によって様々です。寺子屋塾が用意する学びのツールから得られる学びや、自覚する課題は人それぞれ違うからです。 

私は、「自ら学ぶ。」とは一体どういうことかを一から体験しているところです。

また、寺子屋塾では「日常が本番」といわれており、

職場では人(生徒)が、「自ら学ぶ。」に向かうには私はどう関わればいいのかを試行錯誤している日々です。

寺子屋塾の学びのツールの一つである、「未来デザイン考程」という思考フレームを身につけるワークショップの振り返りもこのカテゴリに含まれています。

3. らくだメソッド振り返り

寺子屋塾中村教室のメイン教材であるらくだメソッドについて

https://www.rakuda-method.com

ホームページにも書いてありますが、学習者が教材を決め、学習するペースを自分で決めます。

通塾した際に、一週間の学習通して感じたことなどを書き残しているのがこのカテゴリです。

自分が進んで学習できるようになってくる経過を私なりの言葉で表現しています。

4. 学校

現在の勤務校での出来事からしか私は言えることがありません。

学校全体や教育全体に対しての物言いになっている記事は、勤務校を想像して書いているんだと思って頂けると幸いです。 

5. 各種通信

クラスや、部活動生徒に向けて通信を書いています。ミーティングで伝えきれなかったことや、考えの前提などを書いて発信しています。

6. 哲学対話

哲学対話は、教師塾で行うワークショップの一つで、教師塾でも、学校でも行っているものです。

部通信 part41

[対等と立場]

大原則として、人は人として対等だ。

学校では教員と生徒。

部活では顧問と部員。

家では親と子ども。

そんな立場はあるけれど、どんな立場にいても、

自分の大切なもの・ことがあるなら、

他人の大切なもの・ことは、

大切にできなかったり、受け入れられなくたって、傷つけてはいけない。

 

[存在の否定と否定的な意見]

傷つけてはいけないが、多くの人間が長い時間かけて関わる機会があれば、あれ?って思うこともあるだろう。

そんな時は、

① その人の存在を否定せず、

② その人の意見を理解しようと努め、

③ その人の意見に否定的な意見を

④ 感情的な態度を持ち出さずに

伝え合うこと。

感情はもちろん揺れ動くだろう。

感情が揺れ動いたまま言葉にすれば、それは態度に出る。

感情が揺れ動いても、落ち着いてから感情が揺れ動いたことも言葉にして伝えてみよう。

 

[どんな立場でも]

今後、出会っていく人たちの中には、

立場を前面に押し出し、立場だけを判断材料にコミュニケーションを取る人、

あなたと大切なもの・ことを知ろうとする前に、あなたの大切なもの・ことを否定し、

自分の大切なもの・ことを(意図せず)押し付けてしまう人もいるかもしれない。

これらの人たちは意図せず、立場がそうさせている場合もある。

だから、どんな時でも、否定的な意見こそ、落ち着いて自分の言葉で伝えられれば、自分を守り、相手に気づきを与えられる可能がある。

立場が違えど、常にどんな人からも学ぶ姿勢がある人同士なら、適した否定的な意見はそれらの関係に相乗効果を生む。

 

[せっかくの仲間]

せっかく共通の好きなものを介して集まったメンバーだ。

そんなメンバーだからこそ、否定的な意見を平気な顔して、感情を持ち出さず言い合える関係になれたらもっと部活は楽しくなると思っている。

 

バームクーヘン 谷川俊太郎 「まだうまれないこども」

昨日から夜に少し本を眺めて、

流れる時間を遅くしてみようと試みています。

必要なら続いていくでしょう。

夜は疲れているので哲学本をがしがし読んだり、線形代数の本をバキバキ読んだりするのは辛いです。

ので、2日連続で詩集を手に取りました。

詩集はどこから読んでも良いじゃないかとふと思い、一番後ろから読んでみると、なんだかパートナーに紹介してみたいものが一番後ろの最初にあったのでなんだか引が良いなあと思い、ここにも紹介してみます。

 

バームクーヘン 谷川俊太郎

p.108〜

まだうまれないこども

まだうまれないこどもは

ハハのおなかのなかで

まどろんでいる

ハハはすなのうえにたって

うみをみつめている

 

まだうまれないこどもは

ハハのおなかのなかで

ほほえんでいる

ハハはさかみちをのぼる

きょうをたしかめながら

 

まだうまれないこどもは

ハハのおなかのなかで

みじろぎする

ハハは眠っている

いのちをしんじきって

f:id:gt_24_o223:20210608211826j:image

 

祝婚歌 吉野弘

f:id:gt_24_o223:20210607205512j:image

二人が睦まじくいるためには

愚かでいるほうがいい

立派すぎないほうがいい

立派すぎることは

長持ちしないことだと気付いているほうがいい

完璧をめざさないほうがいい

完璧なんて不自然なことだと

うそぶいてるいるほうがいい

二人のうちどちらかが

ふざけているほうがいい

ずっこけているほうがいい

互いに避難することがあっても

非難できる資格が自分にあったかどうか

あとで

疑わしくなるほうがいい

正しいことを言うときは

少しひかえめにするほうがいい

正しいことをいうときは

相手を傷つけやすいものだと

気付いているほうがいい

立派でありたいとか

正しくありたいとかいう

無理な緊張には

色目も使わず

ゆったり ゆたかに

光を浴びている方がいい

健康で 風に吹かれてながら

生きていくことのなつかしさに

ふと 胸が熱くなる

そんな日があってもいい

そして

なぜ胸が熱くなるのか

黙っていても

二人にらわかるのであってほしい

未来デザインと教師塾

やらないよりはやった方が良さそうなことを考えればいくつか出てくるけど、考えでたことを続けるのは難しいなぁと。

例えば、

自分のスペース以外の掃除ってやらなくても困らないけど、やれば綺麗になる場所が増える。

自分のスペース以外の場所が綺麗になることが自分が素敵なことだと思えるかどうかと、実際にやるかどうかは別次元のことですよね。

やらなくても生きていけるけど、やった方が少しだけ自分のことが好きになることってのは考えるとたくさん出てくる。

やり切れる(続けられる)かどうかが大事だとここに書いている私は、何をやり切って(続けて)いるのだろう。

 

教師塾という名前で、誰もが参加できる学びの場を、教師塾に関わってくれた人たちと創ってきました。

 

今日は

 

この記事は、23歳から関わってくれた人たちと続けてきた教師塾という学び場を今後どうするかを、(↓6月にはオンラインで読書会をやります。)

https://fb.me/e/5gITuc39L

 

3年前から取り組んでいる未来デザインという手法を用いて、考えていました。

(以下は過去の未来デザインについての記事。)

gt-24o.hatenablog.jp

gt-24o.hatenablog.jp

 

 

教師塾のことについて考えていく未来デザインの記事は追って書き残していこうと思います。

育児休暇 part2

私は年齢や立場だけで対応を変えるのは失礼だと考えており、年齢が上で、自分より広く責任を負う立場の人にも、伝え・問うことを心掛けている。

立場が違えば、想定するリスクや知る前例、負う責任も違う。

それらに気をつけ、相手の立場に立った発言を心がける。

この気遣いは立場の違う人にはあって良い。

年齢の上下”だけ”でコミュニケーションに大きな変化はないと思う。

私の場合、年齢や立場の違う人に頼まれても自分の理念や合理性に欠けることは断れる。

昨年頃から、自分より年齢が若い同僚との仕事の機会とお願い事の量も増えた。

歳を取れば自然のことで、また仕事にかけられる時間もこれまでより減っている。

どうしても年齢に関係なくお願い事をし合いながら仕事をする必要が出てくる。

私が大切にしていることは、

「NO」も言え、再提案可能なお願い事(内容と方法)にすることだ。

また、誰が何を大切にしているか、何が得意かを知り合うことも大切だろう。

担任や部顧問の仕事を少しずつ若い同僚たちと共有しながら、確認しながら11月に向けて準備している。

今年1年目の講師の先生には、週1でSTをお願いしている。

部活動では、日程調整・書類処理・支出管理は自分で行い、土日の日程を確認しながら練習を見てもらっている。

とても、ありがたく心強い。