gt-24o’s blog

教員として働きながら、学習・交流団体「教師塾」を主宰しています。わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

このブログについて

  • ・ブログ概要

このブログ管理者プロフィールはこちらです。

https://www.facebook.com/ryo.nishio.90

教員をしながら、「教師塾」という学習・交流団体を主宰・運営しています。

https://www.facebook.com/kyoshizyuku

職場や教師塾での活動記録や、日々感じること、生徒へのメッセージなどを書き残しています。

 

・カテゴリー説明

ブログトップページから、カテゴリー別に記事が見られます。

1.  教師塾

2016年に活動を始めました。こちらが活動理念です。

教師塾 活動理念.pdf - Google ドライブ

教員として学校中で生活し、一般社会との感覚の差が開く危機感がありました。

教員こそ外へ出て社会(教員以外の人)との関わりを持ち、学校内だけ出なく普遍的に学ぶ必要のあることを模索し、学びの場を開く重要性を感じてます。学習・交流会は20回を数えました。

これまでのように楽しみながら、明日の生活が少しでも変化がある場にしていきます。

2.  寺子屋塾 中村教室

https://www.rakuda-method.com

学びのメインツールの一つである「らくだメソッド」を毎日取り組んで(取り組もうとして)います。通塾は原則週に一度で、教材を持ち帰って自宅で学習します。

この塾は、何をどう学んでいくかは塾生によって様々です。寺子屋塾が用意する学びのツールから得られる学びや、自覚する課題は人それぞれ違うからです。 

私は、「自ら学ぶ。」とは一体どういうことかを一から体験しているところです。

また、寺子屋塾では「日常が本番」といわれており、

職場では人(生徒)が、「自ら学ぶ。」に向かうには私はどう関わればいいのかを試行錯誤している日々です。

寺子屋塾の学びのツールの一つである、「未来デザイン考程」という思考フレームを身につけるワークショップの振り返りもこのカテゴリに含まれています。

3. らくだメソッド振り返り

寺子屋塾中村教室のメイン教材であるらくだメソッドについて

https://www.rakuda-method.com

ホームページにも書いてありますが、学習者が教材を決め、学習するペースを自分で決めます。

通塾した際に、一週間の学習通して感じたことなどを書き残しているのがこのカテゴリです。

自分が進んで学習できるようになってくる経過を私なりの言葉で表現しています。

4. 学校

現在の勤務校での出来事からしか私は言えることがありません。

学校全体や教育全体に対しての物言いになっている記事は、勤務校を想像して書いているんだと思って頂けると幸いです。 

5. 各種通信

クラスや、部活動生徒に向けて通信を書いています。ミーティングで伝えきれなかったことや、考えの前提などを書いて発信しています。

6. 哲学対話

哲学対話は、教師塾で行うワークショップの一つで、教師塾でも、学校でも行っているものです。

春高予選1日目

第73回全日本高等学校バレーボール選手権大会

名古屋南支部予選会1日目

3回戦まで勝ち進みベスト4を決めました。

11月に予定されている愛知県大会へ出場が決まりました。

各方面より名南工業バレーボール部に関わってくれた方々に取り急ぎ報告です。

明日は準決勝・決勝です。

生徒がとってもがんばりました。

偉そうな人とは。

私は偉そうにしている人が気になる。

それは私が偉いねって言ってほしいのかもしれない。

偉そうにしたいことを抑えて、偉そうにならないように気をつけているからかもしれない。(我慢してんのかな?)

偉そうにならないように気をつけなんてせずどんどん偉そうにしている(ように私が見える)人や、本気で自分のことが偉いと思っている(と私が見えている)人がそう振る舞うのは、そうしないといけないと思っているのかもしれない。

偉そうなことが気になるのは、偉そうなことがダメなこと、いけないことだと思っているからなのかもしれない。

過去に偉そうな人からたくさん嫌なことをされたからかもしれない。

偉そうな人が気になるのではなくて、他人(私)をコントロールしとうとしてるからかもしれない。

偉そうな人が気になるのではなくて、私の(も)決め(られ)ることをその人が決めてしまっているからかもしれない。

(けど、その人が決めてしまっても、決めないでくださいと言えない自分がいるからかもしれない。

なんの根拠もなく上下関係を持たれているからかもしれない。

(けど、上下関係を持たれてしまっていても、その関係はやめて下さいと言えない自分がいるからかもしれない。)

 

人に向けて書き始めても、こうやって自分に問いを発することで自分の傲慢さを知ることになる。

部通信 part29

3年生にとっては次の予選が県大会への出場をかけた最後の大会になります。

君らは勝てた方が喜ぶだろうと思う。

これまで真摯に誠実に貪欲に、部活動で多くの時間を過ごしてきたからです。

それだけに、試合の勝敗で君らの楽しさやこれまでの時間の意味づけが変わりかねないのは何だか嫌だなぁと思います。

君らの成長に感動し続けてきた私からすると一番大切なことは勝敗以外にあると心の底から思っているからです。

勝てなくてもこれまでの時間は無駄ではないことは私は保証できるけど、君らの勝った姿を見られたら私も最高に嬉しいだろうと思います。

どうか試合を楽しみ切ってください。

クラスでワードウルフ!

今日はクラスで行後に生徒とワードウルフをしました。

昨年までは哲学対話をやっているのですが、ワードウルフも楽しかったです。

哲学対話もやれたらよいなあと思います。

 

https://apps.apple.com/jp/app/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%95%E6%B1%BA%E5%AE%9A%E7%89%88-%E6%96%B0-%E4%BA%BA%E7%8B%BC%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0-%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%89%E4%BA%BA%E7%8B%BC%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA/id1222278363

嫌は嫌として

嫌なこと(嫌だと感じること)を言われたら、

嫌なことを言わないでほしいことや、その発言に傷つく私がいることを伝えればいいと思っていた。

それが出来ない場合は色々で、

その人が、私が嫌なこと(嫌なだと感じること)を私のためだと思って言っていたり、

知らず知らずに嫌だと感じる発言をしてしまっていたりするからだろう。

(どれだけ気を付けていけても人を傷つけてしまうことはあることは前提で。)

また、こちらからの申し出が聞いてもらえないだろうと感じたり、意見をする気にならないような人にはやはり言え(わ)ない。

 

申し出や意見を言えそうな人なら(話を聞いてくれそうな人には)、

その人が嫌なことをその人のためだと言ったり、

知らず知らずに嫌だと感じる発言の数々をペラペラと発してしまうことはないだろう。

 

関わる人を選べないことはたくさんある。

けれど、自分がその環境でどう動き、どう選択し、どう関わるかは決められる。

決められることにだけ集中しよう。