gt-24o’s blog

教員として働きながら、学習・交流団体「教師塾」を主宰しています。わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

このブログについて

  • ・ブログ概要

ブログ管理者プロフィールはこちらです。↓

https://www.facebook.com/ryo.nishio.90

教員をしながら、「教師塾」という学習・交流団体を主宰・運営しています。

https://www.facebook.com/kyoshizyuku

職場や教師塾での活動記録や、日々感じること、生徒へのメッセージなどを書き残しています。

ブクログで読書記録しています。

booklog.jp

共通の本を読んでいたり、共通の積読がありましたら読書会をしましょう!

 

・カテゴリー説明

ブログトップページから、カテゴリー別に記事が見られます。

1.  教師塾

2016年に活動を始めました。こちらが活動理念です。

教師塾 活動理念.pdf - Google ドライブ

教員として学校中で生活し、一般社会との感覚の差が開く危機感がありました。

教員こそ外へ出て社会(教員以外の人)との関わりを持ち、学校内だけ出なく普遍的に学ぶ必要のあることを模索し、学びの場を開く重要性を感じてます。学習・交流会は20回を数えました。

これまでのように楽しみながら、明日の生活が少しでも変化がある場にしていきます。

2.  寺子屋塾 中村教室

https://www.rakuda-method.com

学びのメインツールの一つである「らくだメソッド」を毎日取り組んで(取り組もうとして)います。通塾は原則週に一度で、教材を持ち帰って自宅で学習します。

この塾は、何をどう学んでいくかは塾生によって様々です。寺子屋塾が用意する学びのツールから得られる学びや、自覚する課題は人それぞれ違うからです。 

私は、「自ら学ぶ。」とは一体どういうことかを一から体験しているところです。

また、寺子屋塾では「日常が本番」といわれており、

職場では人(生徒)が、「自ら学ぶ。」に向かうには私はどう関わればいいのかを試行錯誤している日々です。

寺子屋塾の学びのツールの一つである、「未来デザイン考程」という思考フレームを身につけるワークショップの振り返りもこのカテゴリに含まれています。

3. らくだメソッド振り返り

寺子屋塾中村教室のメイン教材であるらくだメソッドについて

https://www.rakuda-method.com

ホームページにも書いてありますが、学習者が教材を決め、学習するペースを自分で決めます。

通塾した際に、一週間の学習通して感じたことなどを書き残しているのがこのカテゴリです。

自分が進んで学習できるようになってくる経過を私なりの言葉で表現しています。

4. 学校

現在の勤務校での出来事からしか私は言えることがありません。

学校全体や教育全体に対しての物言いになっている記事は、勤務校を想像して書いているんだと思って頂けると幸いです。 

5. 各種通信

クラスや、部活動生徒に向けて通信を書いています。ミーティングで伝えきれなかったことや、考えの前提などを書いて発信しています。

6. 哲学対話

哲学対話は、教師塾で行うワークショップの一つで、教師塾でも、学校でも行っているものです。

余裕

私は寺子屋塾中村教室へ通塾し、メイン教材のらくだメソッドを毎日取り組んでいる。

gt-24o.hatenablog.jp

↑この記事にもあるように、

週に一度の通塾時に、自宅学習を振り返りや、寺子屋塾でらくだ教材を終えた後の感覚を書いている。

 

[余裕]

8月から9月にかけてプリントをしていない日は1日だ。

プリントをすることで生活のペースや疲労感を把握できているとも言えるし、

余裕を持った生活をしているからプリントができているとも言える。

余裕があるとコミュニケーションに影響が出る。

毎年、1学期とは違い、2学期以降は生徒に限らずどんな人からの話が聴ける気がする。

気配り上手

私の住む家は少し奥まっており、道に出るのに一軒家の前を必ず通る。

一軒家に住むおばあちゃんは畑仕事をしており、いつも笑顔で声をかけてくれる。

 

同居人は実家に帰っている。

(役所で手続きをしがてら、実家でゆっくり過ごしている。喧嘩をしたわけではない。笑)

 

「お節介だけど、聞いちゃうね。1週間、お嫁さん見ないけど何かあった?」

と、心配して声をかけてくれた。

体調が悪くないかを心配してくれたみたいだ。

お節介どころか、ホッとする気配りだった。

 

らくだプリントの効用

私は寺子屋塾中村教室へ通塾し、メイン教材のらくだメソッドを毎日取り組んでいる。

gt-24o.hatenablog.jp

↑この記事にもあるように、

週に一度の通塾時に、自宅学習を振り返りや、寺子屋塾でらくだ教材を終えた後の感覚を書いている。

 

[らくだプリントの効用]

私の職場(高校)では、コロナウイルス感染症の影響で2学期の序盤は分散登校を実施中。

夏休み中、そして今日も各所で対応に追われている。

私も例外なく対応に動いた。

動いたのだが、

実際に何をしたかと言えば、電話を10数本かけた。

電話の中では保護者の方々と価値観の確認と共有をした。

時間は30分もかかっていない。

今後もいつもと違う動きがあるだろう。

自分の外側で何が起きても、起きた事実に対して自分がどう認識するかは自由だ。

 

外に意識が向きすぎて、色んなことに頭だけで反応しても疲れるし、

内(自分)からの反応の正体を頭で考えすぎても分からないまま疲れてしまう。

らくだプリント中に、考え事はできない。

らくだプリントは外・内への過剰集中を一時的にストップできる。

らくだプリントの学習を振り返り、文字に起こせば、自分との距離を保ちながら対話ができる。

部通信 part45

[部活動が楽しい理由]


部活動を楽しいと思えているなら、それはなぜだろう。


各々、個人差はあれど、出来ることが増え、過去の自分と今の自分に変化がもたらせれば楽しさに繋がるかもしれない。

→個人の試行錯誤

チームメートの活躍、複数人が絡んだラリー、言葉のない意思疎通など、仲間と感じ合う楽しさもある。

→仲間との関わり

プレー以外での、自分の気配りや行動がチームの一助となった実感もあるかもしれない。

→感謝し合う関係


・個人の試行錯誤

新しいことを個人で学び、試し、変化する。

自分の何をどう自分を変化させるのか、何に興味があるのか。これから自分を掘り下げる余地が皆にはあると思う。


・仲間との関わり

学校では共に過ごす人はほとんどが初めまして。

今後、一度は共に過ごす人を選ぶ時が来るのではと思う。

そのとき、自分のことの知り具合は大切。

(誰も自分のことを100%わかる人なんていない。けど、分かろうとする姿勢は大事。)

 

・感謝し合う関係

感謝しあえる関係になるには、自分のことを知り続け、自分の楽しめるもの、楽しんでもらえるものを磨いていき、それを他者と共有する必要がある。


これからのことは分からない。

でも、この3つはこれまでの活動で体験しているはず。

バレーボールじゃなきゃダメなんてことはない。

(バレーボールじゃないとダメと思っているとしたら、それだけ好きなことがあるのも素敵なこと。)

ここで一番言いたいのは、

自分を楽しませられるのはいつも自分だ。

ということ。

これからの部活動にも、新たなことをするにしろ、上の3つの要素は大切だと思う。

料理の失敗

 

共同生活の中では、料理は作れる方が作る。

料理を失敗すると悔しい。

それはパートナーも同じようで。

 

作っている方はとても悔しがりる。

皮面が乃焦げたよ、とか

じゃがいもが硬いよ、とか。笑

 

作ってもらった方は、作ってもらっているだけありがたいのでいつも本当に気にならない。

味も大して気にしない。

 

2日でお互いに失敗し合ったのでので、気にしているのは作っている方だけであるのが面白かった。

f:id:gt_24_o223:20210823194134j:image

写真は豚肉とピーマンのカレー炒め