gt-24o’s blog

教員として働きながら、学習・交流団体「教師塾」を主宰しています。わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

このブログについて

  • ・ブログ概要

ブログ管理者プロフィールはこちらです。↓

https://www.facebook.com/ryo.nishio.90

教員をしながら、「教師塾」という学習・交流団体を主宰・運営しています。

https://www.facebook.com/kyoshizyuku

職場や教師塾での活動記録や、日々感じること、生徒へのメッセージなどを書き残しています。

ブクログで読書記録しています。

booklog.jp

共通の本を読んでいたり、共通の積読がありましたら読書会をしましょう!

 

・カテゴリー説明

ブログトップページから、カテゴリー別に記事が見られます。

1.  教師塾

2016年に活動を始めました。こちらが活動理念です。

教師塾 活動理念.pdf - Google ドライブ

教員として学校中で生活し、一般社会との感覚の差が開く危機感がありました。

教員こそ外へ出て社会(教員以外の人)との関わりを持ち、学校内だけ出なく普遍的に学ぶ必要のあることを模索し、学びの場を開く重要性を感じてます。学習・交流会は20回を数えました。

これまでのように楽しみながら、明日の生活が少しでも変化がある場にしていきます。

2.  寺子屋塾 中村教室

https://www.rakuda-method.com

学びのメインツールの一つである「らくだメソッド」を毎日取り組んで(取り組もうとして)います。通塾は原則週に一度で、教材を持ち帰って自宅で学習します。

この塾は、何をどう学んでいくかは塾生によって様々です。寺子屋塾が用意する学びのツールから得られる学びや、自覚する課題は人それぞれ違うからです。 

私は、「自ら学ぶ。」とは一体どういうことかを一から体験しているところです。

また、寺子屋塾では「日常が本番」といわれており、

職場では人(生徒)が、「自ら学ぶ。」に向かうには私はどう関わればいいのかを試行錯誤している日々です。

寺子屋塾の学びのツールの一つである、「未来デザイン考程」という思考フレームを身につけるワークショップの振り返りもこのカテゴリに含まれています。

3. らくだメソッド振り返り

寺子屋塾中村教室のメイン教材であるらくだメソッドについて

https://www.rakuda-method.com

ホームページにも書いてありますが、学習者が教材を決め、学習するペースを自分で決めます。

通塾した際に、一週間の学習通して感じたことなどを書き残しているのがこのカテゴリです。

自分が進んで学習できるようになってくる経過を私なりの言葉で表現しています。

4. 学校

現在の勤務校での出来事からしか私は言えることがありません。

学校全体や教育全体に対しての物言いになっている記事は、勤務校を想像して書いているんだと思って頂けると幸いです。 

5. 各種通信

クラスや、部活動生徒に向けて通信を書いています。ミーティングで伝えきれなかったことや、考えの前提などを書いて発信しています。

6. 哲学対話

哲学対話は、教師塾で行うワークショップの一つで、教師塾でも、学校でも行っているものです。

1度目の目覚めで起きる

1月から起きた時間から活動を始めるようにしている。

息子が大体、4時ごろにお腹が空いて起きるのでそのタイミングでこちらも起きて、ミルクを飲ませて職場へ向かう。

最近は息子が起きなくても4時ごろに起きられており、職場では大学の勉強やスケジュール管理、仕事のリスト化などを行えている。

 

朝の時間を有効に使おうと、アラームをかけての起床に何度もチャレンジしたが、うまくいったことはなかった。

1度目に目が覚めた時間が遅ければそのリズムで1日を始めればOK

早く起きようせず、寝てから1度目に目が覚めた時間から活動することで、頑張らずに起きられている。(パートナーの協力に感謝。)

 

カラダは正直だ。

疲労が重なれば早く起きることが辛くなり、やるべきことから目を背ければ寝るのが億劫になったりする。

起きる、寝るにも無理なく自然な流れに。

現状

育児休暇を終えて職場に復帰しています。

母子共に元気です。子の通院はこれからも続きますが、一旦は落ち着きました。

 

これまで多くの時間を過ごしてきたバレーボール部ですが、育児や数学の免許取得などにウエイトを置くため、関わる時間がグッと減りました。

引き継いでくれた先生たちとは、4月当初からこの時期に引き継ぎたいと何度も話し合ったつもりではいますが、負担にならない程度に楽しく活動してほしいと思っています。

私は顧問としては3年目になります。1年生から共に戦った部員と最後全日本選手権を共に戦いたかったですが、それは叶いませんでした。

試合自体の心配はありません。

私が彼らの勇姿、最後のプレーを近くで見れなかったこと、最後の試合を終えた彼らの表情や気持ちを聞けなかったことが少し寂しかったです。

 

数学免許の勉強は難航しているのか、順調なのかもつかめていません。笑

しかし、1日の中で数学に触れない日がないように過ごしています。

私に大学から出た課題を教え込んでくれる方を募集したいです。笑

 

職場外での学びの場を開けていないです。

学びの場を開きたい!という人と共に学び場を創れたら嬉しいなぁと思っています。

 

息子はとても可愛いです。

私を含め、なぜ人は赤子の前では声が高くなるのでしょうか。笑

 

ゴルフを始めました。

とても奥が深いです。

メンタル、欲と向き合う、自らを律する(制する?)スポーツだと感じています。(考えすぎか。笑)

 

息子に会いにきてください。

ゴルフ一緒にいきましょう。

学びの場を開きましょう。

学びの場に誘ってください。

数学を教え込んでくれる方募集中です。

 

本年もよろしくお願いします。

足踏みで前進

私は寺子屋塾中村教室へ通塾し、メイン教材のらくだメソッドを毎日取り組んでいる。

gt-24o.hatenablog.jp

↑この記事にもあるように、

週に一度の通塾の際に、自宅での学習を振り返っての気づきや、寺子屋塾でらくだ教材を終えた後の感覚を書いている。

 

[足踏み]

久々に通塾できたので記事を書いている。

ここ3ヶ月ほど息子を含めた3人での生活に1日ずつ向き合い楽しんでいる。

プリントの毎日、学習会の企画、学びの場にへの参加、読書、ブログの更新。数えればやっていないことが多い。

ここ最近までは足踏みをしている感覚があった。

それは、どれもこれもやりたいことだからだろう。

足踏みという感覚は今はほぼない。

 

自分にしかできないこと、やりたいこと、やらねばならないこと、やると決めたこと、、、色々とある。

選んだものをその時間は楽しむ。選んだその時間に他のことが頭によぎることもある。

ある時間を全く他のことを考えずに楽しむことも簡単ではないけれど、

自分の行動基準と相談しながら生きる時間だとも思う。

 

育児休暇 part5

育児休暇が取れるだけありがたい。

教職がそういう仕事にあたるかどうかはわからないが、子との時間を大切にしたくば、時間を大切にできる仕事かを選ぶことだろう。

しかし、私はいつか生まれてくる子との時間を最優先に考えて、高校生の時に教員を目指していない。

 

担任で主顧問の教諭が一人減るのだから大きな影響がある。周りの仕事の流れを決める大切な要素だ。

育児休暇であるから当然、生まれないと休めない。

しかし、最も家にいるべきタイミングは母子が退院する日だろう。

身体に一番ダメージがある状態の大人と、育児が同時にスタートする。

育児休暇のスタート日は、生まれて入院が終わった初日であることが望ましい。

でもそれだといなくなる日がわからない周りの方々は困るだろう。

私は職場の方々の協力が得られ、退院日に家にいることができた。

 

もし育児休暇を取る方がいれば、スタート日を聞かれたら、

「育児休暇のスタート日は、生まれて病院から退院する日」

と答えるといいのではないかと思う。

育児休暇 part4

育児に関する特別休暇(7日間)を消費し、10/19(火)より育児休暇に入った。

母体は緊急の手術、子はNICUへの入院となり、仕事とは違ったハードな10月前半を過ごした。

自分の身体はすこぶる元気であるが、何もしてやれないもどかしさがあった。

時間はあるようでなく、不安にかられ知らぬ間に時間が溶けていく感覚があった。

到底、仕事をしながらでは上記のことはできないと思った。

それでも、職場に行けば(決められた)やることはあるわけで、余計なことは考えずに済むかもしれない。

子は予定より7日早く退院する予定でホッとしている。

 

私の仕事は自分の学びによって多様なカタチ(手法・手段)がある。だから、同職の皆さんは形が違って当然だと思う。

仕事の全てではないが、「自分にしか出来ない仕事」と言い換えてもいいかも知れない。

しかし、自分がいなくてもシステム的に回るようになっている。(現場の方には頭が上がりませんが)その点で言えば、「自分にしか出来ない仕事」でもないわけだ。

 

育休中の私の仕事は、家事や病院に行くことだ。

学んだことを生かせなくないが、専門性が問われるとも言い切れない。

内容自体は「自分にしか出来ない仕事」とも言い切れないかもしれない。

しかし、私の家の家事は私にしか出来ない。パートナーや子のサポートは私にしか出来ない。

そういった意味では「自分にしか出来ない仕事」だろう。

 

そもそも、「自分にしか出来ない仕事」にこだわる必要もない。

拘って楽しく、誰かが喜べばラッキー。

仕事と家事育児は天秤にかけられることが多いように感じるが、どっちが大変だとか価値があるだとか比べるものでない。

それも比べたくなったなら、疲れているのかもしれない。

どちらかが辛く思え、どちらかをしてみたくなればそっちをやってみるのもいいと思う。