gt-24o’s blog

思慮深く、大胆に書きます。

無料です。

ポジティブ、ネガティブとかいう言葉がある。

いつでも太陽のようにポジティブに生きたい人はそうあれば良いし、

時には毒吐いて、みんなをハッとさせるためにネガティブでいるのもよい。

バランスですね。

(全人類がポジティブすぎれば、

赤信号みんなで渡れば怖くない!」

とか言って、みんな引かれてしまうだろうし。

問題点ばかり指摘するネガティブ軍団には、iPhoneは作れなかっただろうと思う、、)

 

その人らしさが出ていて、人との関わりの中で自分の立ち位置を見つけていけばOK。

人と関わるほど、新しい自分に出会える。

 

今、3年生は就職試験。

ポジティブ、ネガティヴどっちがいいか?

みたいな話になる。

 

私はポジティブを押す。

だって、子どもたちはネガティブな発言が多いから。

バランスをとるためにね。

 

ただこれにはやられた。

福島さん素敵です。

f:id:gt_24_o223:20170920215721j:image

おわり。

 

その瞬間

誰もがみて取れる、

成長というその瞬間は、

多くの場合、

日常(いつも)とは、違った条件で起きると考えている。

・めちゃくちゃに追い込まれた時

・まったく結果にこだわっていない時

・手応えがなかったとき

・何となく、いける?何これ?ってなってるとき

・(実は何気なくない)何気ない日常

 

最後はずるいですが、笑

最後が一番表現しにくい。

 

その瞬間がくるには、

"日々の積み重ね"

が必要不可欠だと思う。

 

出来ない自分を見つけたから、

出来る自分を追い求めて、

"その瞬間"のために努力する。

出来たら(出来てると思ったら)、努力の必要がないから。

 

なので、最後の条件は、

 

・自分にしか出来ないことをコツコツと積み重ねて、それを頑張っているという感覚がないほどまでに日常化した場合

 

という感じかも知れない。

 

そして、"その瞬間"が訪れるときに、

カラダは脱力している。

とも考えている。

 

おわり。

努力と成長速度

成長速度とは、

「自分でイメージしたことが、自分で出来るようになるまでの時間。」

という感じ。

 

コツコツと努力をしていくと、

ダンダンと能力が上がっていくように思われるかも知れない。(何かしら変わってきてはいるのだろうが)

 

しかし、野球をしてきた自分、

部活動で選手を見てきて思うことは、

成長は突然訪れるということ。

(見える指導者には、その時が近いことが見えるのかもとか思ったり)

 

今日は、新人戦陸上競技大会 名北支部予選

https://sc35937043a3d7b78.jimcontent.com/download/version/1504242398/module/14560221122/name/2017名南北新人タイムテーブル.pdf

 

2017.9.17 9:30

本人たちにその気があれば、記録が出てもいい頃だとにらんでおります。にやり

おわり。

 

追記

2017.9.18 11:00

昨日は出場4名全員が自己ベストでした。

その中の1人は、決勝進出。

台風で決勝のレースがなくなってしまったのは残念でした。

努力

努力した量=結果・成果

ではないと思ってる。

努力は、結果や成果を上げるための手段。

結果に執着せず、努力をすること自体に満足しない。

その上で、現状を捉えて、結果にこだわる。

その途中にある努力には、価値があると思う。

 

「やれば出来る。」という言葉があるが、

何かに立ち向かおうとする本人が

「やれば出来る。」

と、

一時的に思い込んで、雑念を減らそうとする。

今までの自分を考えると難しそうなことに対して、考えるのを(あえて)やめて、目の前のことに集中する。

そんな時に使う気がする。

 

「努力が足りないんじゃない?」

「やれば出来るさ!」

と誰かに言うときは、その人がどんな状況なのかをよく見て、考えていってあげたい。

 

「努力」は自分のためにするものであり、

「やれば出来る。」は、自分のために使う言葉であると思う。

 

おわり。

地球での出来事

いやーーーー、今日も学んだ。
先輩教員に助けられた本日。

f:id:gt_24_o223:20170913205448j:image

彼らとの出来事は教室での出来事。

職員室での出来事は学校での出来事。

 

でもまあ、地球での出来事だな。

また明日だ。

 

って思われてくれた一枚。

ありがとうございます。

おわり。

ブレネー・ブラウン: 「弱さ」という力(傷つく心の力)

TED日本語 - ブレネー・ブラウン: 「弱さ」という力(傷つく心の力) | デジタルキャスト

私が気になったところです。

深い愛情や関係性を感じている人は 自分が愛されるに値すると信じているのです。

 

こうした人々は不完全であってもよいとする勇気を持っていたのです。

 

私たちは自分たちの行いが他者に 大きな影響を与えていないふりをしているのです。

 

 

特に三つ目は、よく考えたいです。

伝えようと力説しているときより、何気ないやりとりの中にこそ、強烈なメッセージが隠れていたりします。

 

また、

自分が当たり前にしていることの中にこそ価値がある。

他者からみたら、大きな価値だったりする。

自分のやっていることの価値を正しく捉えられないのは少し悲しいです。

でも、自分を自分でみることはなかなか難しいから他者からみてもらう、他者と関係をもつ。

 

他者と関係をもつときには、そのまま、あるがまま(弱さをみせまくる。)でいる。

 

自分の弱さをみせること。

わたくし、割と得意なんじゃ…笑

おわり。

意見

意見をポンポン言える場合も、

全然話に入らない(入れない)ことも体験してきたことから、

"意見を言う"

にはいくつもの条件が揃う必要があると思っている。

 

・誰と話しているか。

・その話に興味があるか。

・その話に対して、実体験があるか。

・話す順番が決まっているか。

などなど。

 

思いついたとしても、話を聞いていて、話すタイミングを図っていたら話題が変わって入れなかった。

 

思いついても、まわりの空気や関係性から、意見することをやめる。

 

同じ意見になってしまった。

(自分の言葉で言えばよいのだけど…)

 

そもそも人前で意見を言うことが苦手。

 

みんなが頷くような意見を言いたい。

 

 

意見はあなたが、持った瞬間に唯一無二。

おわり。