gt-24o’s blog

思慮深く、大胆に書きます。

名言改め、言葉シリーズ②

「誰でも怒ることはできる、それは簡単なことだ。しかし、

正しい人に、正しい程度に、正しい時に、正しい目的、正しい方法で怒ること、それは簡単ではない」

アリストテレス

 

教諭2年目の生徒指導部にて子どもと接するときに意識していたことです。

誰かに怒る時とは、

誰かに迷惑をかけたとき、人間的な「正しさ」から逸脱したときだと考えます。

 

言葉を一つひとう紐解くと、

 

”正しい人”とは?

諸問題があった時に、誰が誰にどんな影響を及ぼし、人としての「正しさ」を誰が一時的に逸脱してしまったかを見極めることだと考えます。

人間関係も見極めなえればいけません。

 

”正しい程度”とは?

正しい人の文章に加えて、

人としての「正しさ」をだれがどんな風に、どれだけ一時的に逸脱したかが大切になると考えています。

それに加えて、怒らなければならない対象の人がどんな人かをよく見極めた上で怒らねばいけません。

その人が「正しさ」から逸脱したとしても、私たちが怒るということは一時的なものなはずです。

私たちが”自分の目的”のために人を怒ることは決してあってはならないと考えます。

 

”正しいとき"とは?

例えば、1人を三人で囲んで暴力を働いていたとします。

その時は、その瞬間です。

少し大きな声を出してでも、感情を表に出してでもとめなければいけません。

ただ、教員である私が思うに学校内で怒られることの多くは、学校内だからではないかと感じます。

よくよく考えると、感情を持ち出してまで怒る必要ある場合は限られると私は考えています。

 

"正しい方法"とは?

これは千差万別だと考えています。

怒る方の人や、怒られる人によっても変わりますし、

怒る方は相手を見て変えるべきだとも思います。

なぜなら、私なら基本的に怒りたくない。怒らなくて済むのなら。

ただ、怒ることがその時に最善だと判断し、相手のためを考え、怒る。

怒る以外にカードがない時、怒ることになります。

相手のためと自分のためは表裏一体です。

ですから、「相手のために怒る。」などと表現はしたくはありませんが、

本当にこれらのことをよくよく考え、真摯に他者と向き合えば、

正しい方法で怒ることが出来ると考えています。

 

書くのも簡単ではありませんでした。笑

おわり

求めない 著:加島 祥造

求めない (小学館文庫)

ほんの

五分間、いや三分間でいい

なにも「求めない」でいてごらん

為すことを無にして

全身を

頭の支配から解放してごらん

できれば野原にあおむけにねころぶ。

できれば海に大の字に浮いてみる。

目は

浮き雲の動きを映すだけ、

耳はただ音を受け入れるだけ、

口は

息の出入りに任せている。

すると君は体が、

命のままに生きていることと知る

求めないで放っておいても

体はゆったりと生きていることと知る。

 

 

おわり

あれ?って思える力

少なからず私はこの力をつけて欲しくて教員をしています。

 

素直な人になろう。

私の意見に素直になってね。

(私の意見に素直になって、都合よく動いてね。)

という意味も含むと思っています。

 

私自身、

最近は効率的に仕事が出来るようになってきたと感じる一方で、

仕事を片付けている感が否めない。

 

あれ?って思うことも減った気もする。

あれ?って思って、批判的な思考に入ると時間がかかる。疲れる。

そして、結果から話して伝えると怒られる。笑

 

怒られたくないし、無駄なコミュニケーションは取りたくない。

無駄なコミュニケーションなどはないのだが、トータルで考えると避けてしまう。

 

なにかマズイ気がしてきている。

同時にワクワクもしている。笑

 

やはり、もう一度原点に帰って、

私の斜に構えた態度や、思考を使ってみようと思う。

ただ、斜に構えるのは45°がよい気がする。

物事を両面から見る時、半々のバランスで見られるように。

 

考えられるときは余裕が出てきてる時だと思う。

3学期を良い時間にするためにもここからが大切な気がする。

 

おわり

名言シリーズ ①

人生に失敗がないと、人生を失敗する。

 - 斎藤茂太 -

 

[感想]
学校という場所は、死に至らない失敗を安全にする場所である。
それに、私たちは一度きりの人生のぶっつけ本番で生きている。(これらは植松努さんの言葉)
だからこそ、

自分の頭で考えて、やってみる。
何かに取り組めば、少なからず失敗する。
しかし、100パーセントの失敗などない。

1パーセントの成功がどこかにある。
してもよい失敗をせず、得られる成功を得ず、何となくごまかし続けると、

自分が決断しなければならないことに遭遇した時、何も考えられない。

何も考えられない、

どうしていいかわからない、

決断できない、

行動できないという状態が一番の失敗であり、人生を失敗したことになるんだろうなと思う。

1年間、“書き続けて” 何に気付いたか?と自分に問うてみて

1年間、“書き続けて”、何に気付いたか?と自分に問うてみて。

初めにすっと出てきたのは、

 

文章は、 

「自己表現のツールの一つ。」

ということ。

 

当たり前といえば、そうなのですが。笑

 

自己表現にはとんでもないほど種類があります。

私は言葉を(文字を)並べているわけですが、

芸術、トーク、服、料理、歌、スポーツなどなど・・・

自己表現の手法を挙げていくときりがありません。 

その中の一つが、ブログであるということです。

 

話は飛びますが、

私たちは他者の考えていることは、一生分かりません。

これは絶対的で、誰にでもあてはまるルールだと思います。

私はいつも反省することなのですが、

かなり他者の事を知った気でいます。笑

 

それにまして、自分のことも知った気でいる。これはもう、ハチャメチャに知った気でいる。

(知った気でいるというより、自分とじっくり対話する機会が少ないのかも知れません。)

私は、書き続けていく中で、自分のことを知った気でいる自分に出会うことがたくさんありました。

ご飯をたべて、野菜をたべて、お肉をたべてどのように、体内で処理されているか(私は)知らない。

↑はカラダの例ですが、私は自分のココロと対話することが多かったです。

怒り(感情)の正体

→ どこから湧いてくるのか。なんで湧いて出てくるのか。カラダのどこあたりから湧いてくるのか。

何に楽しさを感じか、なんで寂しくなるのか。なんで虚しくなるのか。

・・・これくらいにしておいて。笑

 

いつも当たり前にしている選択の連続に目を向けて、自分を知ろうとする。

みんながついやってしまうこと、みんなが大切にしてくれそうなこと、気付いたことを書き残してきた気がします。

 

まとめると、

自分の中にあるアイデンティティ?思考の癖?エゴ?生き方?特性?

形容できない、まだ見ぬ

自分の奥底にある自分を形作る何か“

に問いをぶつけ、何とか文章にし、発信すること。

かなと思っています。

 

おわり

1年、”書き続ける”

ブログをはじめて1年が経ちました。

1年で、240件の記事を書いてきました。

 ↓は1年前の記事です。

gt-24o.hatenablog.jp

 

「書き続ける。」という状態には色々あると思いますし、

人によって見方が違うと思います。

私は、1年書き続けてくることが出来たと感じています。

毎日書くことは目的ではないです。

ただ、1日の中で一度は何書こうかな?

と考えます。

(年間で10日くらいはまったくアタマをよぎらないこともありましたが。笑)

 

今のブログに対する意識を文章にするならば、

「毎日書こうと心がけ続ける。」

くらいになります。

 

書けたこと、書けなかったことに一喜一憂しませんが、

書いた日は言葉にできない気持ちよさがあります。

 

今では、

書けた日は、書きたい日だったわけで、

書けなかった日は、書かなくてよかった日ぐらいに思っています。

 

ただ、1年の中では、

書きたくても書けない日もあったし、

自然とカラダもココロも動いて、自分でも予想しなかった記事を書けた日もありました。

最近、書いてないなーって思うこともあったし、

書かねばならん・・・っと気負うこともありました。

”イイ”文章を書いてやろう・・・という邪念を持つこともありました。笑

 

私は続けることが苦手です。

ただ、続けることで、

続けることに対するペースを掴むことはできたかなと思います。

 

この記事ではブログを1年間、自分なりに”書き続ける”ことについて振り返ってみました。

① 1年書いてみて、気付いたことを箇条書きにする

②1年書いてみて、何に気付いたか?と問われて、一番最初に思いついたこと

についても書いてみようと思います。

 

おわり

 

 

 

 

富山市街 → 金沢市街 → 能登 → 白川郷

2泊3日で旅をしてきました。

友人男3人旅です。

 

1日目 富山市

フラっと入ったセレクトショップにて、キャンドルジュンさん(広末涼子さんの旦那さん)が目の前にいるのに、気付かず。

後から、「大きな耳飾り」を調べたらヒットするという、おもろい展開。

 

刺身をたべ、ビールを飲む。

カニをたべ、ビールを飲む。

すしをたべ、ビールを飲む。

温泉に入り、寝る

 

2日目 金沢市

西尾の強い希望で、21世紀美術館

近江町市場で、10貫3000円のすしを食べ、ビールを飲む。

保存食専門店「stoock」にてピクルス購入

東山ひがし茶屋街へ

金箔ソフトを(友人が)たべる。

snowpeak直営店にて服をみる。

 

のと里山海道を海へ叫びながら走り、能登半島方面へ

旅館やまもとへ

・2階フロア貸し切り

・「チェックアウト時間は?」と聞くと、「チェックアウトってなんさね?^^」と言われ、出発時間はいつでもどうぞと言われる。

 

かに、刺身、鍋、のどぐろと共に、ビールを飲む。

寝る

 

3日目 白川郷

合掌造りの建造物には目もくれず、焼き肉屋へ入ろうという流れを、何とか皆で正し、そばを食べる。(そばが正解なのか、よくわからないが。笑)

高山駅で一人とは別れ、特急ひだで名古屋へ

名古屋に戻ると、くしゃみと目のかゆみに二人とも襲われる。

一時的な名古屋アレルギーとなる。

帰宅

 

最高の旅でした。笑

また行こう!