gt-24o’s blog

わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

人を救うということは、人を自立させることだと思う。 – 横尾忠則

人を救うということは、人を自立させることだと思う。 – 横尾忠則

横尾流現代美術―私の謎を解き明かす (平凡社新書)

横尾流現代美術―私の謎を解き明かす (平凡社新書)

 

”癒し”ついて書いてあるところから抜粋しました。

実際は、

「普通がいい」という病~「自分を取りもどす」10講 (講談社現代新書)

こちらの本に引用されているものを読んだだけですが。

 

ここからは私見です。

教えることと救うことは通ずるものがあると思っています。

(私が)手を差し伸べて、腕を掴み、引き上げる!!

というよりは、

(相手が)下からなんか風が吹いてきたな・・・ん?なんだったんだ?

というくらいがいいなと思っています。

(恥ずかしながら)表層的には、寂しさを感じることもあるのですが、

しかし、どこかで言葉にされない感謝があるような、ないような。

そして、人知れず風を吹かせていくことに満足していくことが、

目的を見失わない、確かな充実感に繋がる気がしています。

 

おわり