gt-24o’s blog

わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

分からないまま持ち歩く

内容を正しく(本を読むとか、その筋の人から話をきくとか)インプットしていないテーマや、内容を提示されていないキーワードなどをまず自分で持ち歩き、考えてみる。
自分の中でいいから解釈をもち、実行する。
すると、フィードバックが得られる。
その上で、誰かにそのことについてレクチャーを受ける。
予習→実行→レクチャー→実行→振り返り→実行という感じ。

分からないことを分からない状態で進んでいくことで得られるものもある。

 

おわり