gt-24o’s blog

わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

頼る 頼られる

私は、

頼られることより、

頼ることのが自分を試すことになると思っている。

さらに言うなら、頼りやすい人に頼むときこそ試される。

(試すという言葉は少しきついかも知れませんが。)

 

面倒だと思われていないか?

とか、

これは自分でできたかな?

とか、

あれは頼ったんだから、これはやりきらないと。

とか。

 

考えたところで、頼った相手の考えていることなんて、一生わからないわけですが。笑

 

ただ、

「この人に私は頼られるいる!?少し嬉しいな・・・」(嬉しいの具合は、「少し」であることもポイントだと思っています。)

 

と思われたとして、自分も助かったとしたら。

とても良い関係が築けているし、今後良い関係になっていく気がします。

 

立場が違えば、「頼る」が「指示」になったりします。

(指示と頼るをわけることも大切だと考えています。)

 

人との関わりの中で対等であることを大切にしていれば、

頼り、頼られる関係になっていくと思います。

このような関係を大切にしたいです。

また、もう少し頼って生きていけたらとも思います。

 

おわり