gt-24o’s blog

教員として働きながら、学習・交流団体「教師塾」を主宰しています。わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

部通信 No.11

[手を動かすこと]

「トレーニングの仕方を教えて下さい。」

「練習方法を教えて下さい。」

と聞かれることがあるが、

私は、

「今はどうやっているか?」

「今の練習をどうしていて、どう改善したいのか?」

と問い返す。

このときに、あなたが自分でやってみていない、手を・身体を動かしていないのでは答えられない。

こちらもアドバイスのしようがない。

 

レーニングに取り組めないのは、奇抜なトレーニングや効果のありそうなトレーニングを知らないからではないと思う。

手法なんてネットで調べれば、山ほど出てくる。

やった方がいいのはわかっているけど取り組めないことに課題があるのではないだろうか。

「結局、やるかやらないか。」というのを頭でわかっていても、動けないのには理由がある。

その理由に向き合おうとしてみよう。(少しならアドバイスできるかも・・・)

 

私もトレーニングが嫌いだった。

レーニングを続けられないのは、競技への愛が不足しているからだとか、

俺は努力ができない人間なんだ・・・とか、色々考えた。

しかし、頭で考えても、この文章を読んでもいきなりできるようにならない。

自分を鏡のように映し出してくれる人を見つけ、一緒に自分と向き合ってくれる人を探してみてもよいかもしれない。