gt-24o’s blog

わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

やると決めてから

その人が自分でやると決めてからが全ての始まり。

勉強をすることは当然じゃない。

誰かと協力することは当然じゃない。

挨拶することは当然じゃない。

 

誰かから、どれだけ上手に、勉強や協力や挨拶の良さを説明されたって、

その人が決めなきゃ、始まらない。

すると良いとされていることはわかっている。

でもやろうと簡単には決められないことだってある。

なんだか行動にうつらないことだってある。

 

そのこと自体は嫌いじゃないのに、

すると良いかどうかの選択をさせてもらえないこと、強制されることが嫌なだけ。

それだけで、勉強や協力や挨拶が嫌いになってしまうなんて悲しすぎる。

 

その人が自分事としてやろうと思ったときに初めて、試行錯誤がはじまる。

出来る・出来ないを自分の中で判断・評価することがはじまる。

その人の中に物差しが生まれる。

 

やらされていることは、やらないでいい方法の試行錯誤はいくらでも湧いてくる。

言い訳でやらない理由を探す。(ある意味自然)

 

その人がその人らしく決める権利を奪っておいて、

自分の思う”良いこと”(自分で一度も考え直していない固定化した価値を)を押し付け強制させ、

やらない人間を悪だの、怠惰などとレッテルを貼るのは誰も幸せになれない。

 

やってみたいと思ったその時が、その人のタイミング。

その人がタイミングが来ているのに気づいていないようなら、提案はしてみてはいいまでも強制はしない。

やると決めるかどうかは、その人に任せる。

求められれば意見を言い、対話する。

そのプロセスにこそ価値がある。

 

その人がその人らしく決めることの手伝いがその人のためであり、

その人が子どもなら”子どものため”となると思う。

 

おわり