gt-24o’s blog

わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

unlearning

unlearnin 

既得の知識・習慣を捨てること。環境変化の激しい現代社会を生き抜くために、過去の経験にとらわれないよう、意識的に学習知識を捨て去ること。

unlearning(アンラーニング)の意味 - goo国語辞書 より

「学ぶことによって自らの特権を解体し、他者に対する偏見を解きほぐす」

本橋哲也

“unlearning”のすすめ | 成城大学 より

これは大切だ!と思った瞬間から時間のたった気づきを引きずることで、

現在の自分の盲点になるかもしれない。

純粋な足し算のようなイメージの学びで、

自分ががんじがらめになることもなるようなら、

丁寧に忘れ、手放すことで視界をクリアにしたい。

また、現在の盲点を知らせてくれるのはいつも他者。

 

「記録するかわりに記憶する。」

 「知的生産の技術」著:梅棹忠夫 より

今日では、ただ捨ててしまうのでなく、記録がしやすくなったこともあり、忘れやすくなっているように思う。

 

自分というものは、時間がたてば他人とおなじだ、ということをわすれてはいけない。

 「知的生産の技術」著:梅棹忠夫 より

何かを意識すれば、何かが見えなくなる。

見えなくなっていたことに目を向けると、意識していたことを忘れる。

過去と同じキーワードを思い出し意識するとしても、

その人が変化を続けていれば視点が変わっているから、

全く違った意味のキーワードになる。

 

 

知識や体験を新たに取り込むことと、

忘れる事は繰り返すが、

平面を行ったり来たりしているだけでは決してない。

 

おわり