gt-24o’s blog

思慮深く、大胆に書きます。

両面教師

反面教師は自覚している、していないに関わらずバランスが取れていないと思う。

教員も人である。

先に生きてるだけであるから失敗もするさ!

こういうところを見せることも大切さ!

と、自分で言ってはいけない、他人に言われることは大丈夫かな?だと思ったりする。

 

しかしながら、わたしはよく失敗する。

忘れたりもする。

 

はたまた、彼らから学校に対する不満を聞いたりする。

不満を意見に昇華させること

が大事であるから共に根本的な問題を考えたり、足りない知識が何なのかを考える。

学校サイドにも、子どもサイドにも乗っからず自分の頭で考えて、意見をもつ。

これが大事だ。

 

失敗はしていいけど、

自分では自分に言ったりはあまりしない。

大丈夫だよ。と言ってもらえる自分であればいい。

 

学校のルールを守らせる番人、勉強させる看守にならない。

かといって、

子どもに寄り添うとかいいながら、子どもを全肯定したりしない。

 

教員であり、一人の大人であること。

この両面を合わせ持つ。

これが反面教師ならぬ両面教師かなと思う。

 

両面教師は、

考えていないといけないし、

バランスを取り続けることだと思う。

 

おわり