gt-24o’s blog

わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

疲れているときに見えてきたこと

疲れているとちゃんと見ないといけないことに集中できるようになります。

というより、そんなに多くのことを見ることや注意することができなくなってくるので絶対に押さえないといけないところだけ見るようになる気がします。

 

 

効率や合理性をいくら高めてもどうにもならない領域にくると、

自然と優先順位が決まってきて、それ以外には自動的に力が割けなくなります。

 

 

少しでも傲慢さや慢心がある中での失敗はだれかのせいにしたり、

自分を責めてしまったりすることはあるかもしれません。

しかし、疲労困憊の中での、

失敗をしたときは、

すごく素直に謝れます。笑(いつも素直でありたいものです。笑)

そして、とても感謝できます。(何事にも感謝したいものです。笑)

「あー、もうそこは無理っすーーー笑」という心の声と共に、

感謝が溢れてきます。

 

自分のBESTにはまだまだ伸び代(ですねぇ⚽️)があると思いますし、

もっと効率の良いやり方はあると思うのですが、

自分が一杯一杯のときこそ、人の優しさや他者の存在に感謝できるような気がします。

 

この疲労の中で、

自然と注意を傾けられたこと、意識が向いたことは、

目の前にいる人(子)たちの状態でした。

自分がヘロヘロな分、同じように疲弊している人はいないか?

課題を抱えてて右往左往してる人はいないか。

疲れていそうな人がいれば、それをこちらが何とか認知して、

見えていることを伝えるだけでも相手は心が軽くなるのでは?と思います。

 

疲れて全くブログなんて書ける気がしませんでしたが、

疲れていることで、私が見ようとした、意識を向けようとした先に、

人がいたので書けました。

 

終わり

 

追伸

明日に控える「体力テスト」の係り割り振りを完全に忘れていた私ですが、

陸上競技部の子たちが自分たちで考えてやっていているみたいです。

あー、マジすげぇ・・・あざす。