gt-24o’s blog

思慮深く、大胆に書きます。

「孤独が君を強くする」を読んで。

孤独がきみを強くする

岡本太郎さんの

「孤独がきみを強くする」

を読みました。

 

言いたいことを言う。

やりたいようにやる。

これは独りよがりに聞こえるけど、

世界に自分1人しかいない状態を想像してみよう。

自分以外の何物かの存在を認知して初めて「独りよがり」という概念が出てくる。

 

自分は1人しかいない。

だから孤独なんだ。

 

しかし、単独と孤独は違う。

私たちは枠を大きくしていけば、何かの集団に必ず属している。

その中で、自分の意見"だけ"を通すのは単独だ。

自分が絶対に正しいとか、強い想いはあって良い。

それも発言してよい。

自分の中にある正しさは、自分しか信じられないから大切にしてあげよう。

 

でも、純粋で強い意志を示したなら、

それに対して出てくる他者の意志を聞くことがとても大切だ。

ぶつけ合いまくる。

そして、本気でぶつかって初めて、

「はっ」っと気づく。

本気でぶつかるってのは、感情込めて話し合うことではない。

自分と他者の中にある純粋で強い意志を冷静にぶつけ合うことだ。

 

そこで分かり合えなくて全然OK。

ただ、お互いに本気でぶつかった分だけ何かに気づく。

それでよい。

わかり合いたいとか、これは言わないようにしようとか、怒られたらきまずいとか、うまくやろうとか、波風立てないようにとか。

くそくらえって話だ。

 

それでいて、純粋すぎる自分の意思は、孤独になる。

 

でもそこで負けんじゃねーよ。

他の人に負けたんじゃなくて、ぶつけるのが嫌で自分に負けた。

だから、それは自分のせいなんだ。

 

孤独が君を強くする

ってのはそういうことかと読み解きました。

 

おわり