gt-24o’s blog

教員として働きながら、学習・交流団体「教師塾」を主宰しています。わかるとできるの違いに注意しながら、思慮深く、大胆に書きます。

1-3通信 part2

 

gt-24o.hatenablog.jp

 

 1-3通信 part2

「対話的な価値交流」

誠実に言ってみても、行動しても、他者と違うことがあると思う。

でもそれは当然。自分が大切にしていることがあるように、

他者も同じくらい大切にしていることがあるからだ。

そんな時こそ対話しよう。

違うことを恐れず、怒りを持ち込まずに。

わかりえないことがあって当然。誰かと違って当然。

その違いをお互いに知り、違いを受け入れられなくとも、

違いを受け止めてみよう。

 

1-3通信

平成29年度から、クラス通信を書いています。

下記のリンクは平成29年度に書いたクラス通信をまとめて記事にしたものです。

gt-24o.hatenablog.jp

 今年は1年3組の担任となりましたので、

「1-3通信」と銘打ってA5サイズで書いていきます。

 

1-3通信 part1

「自ら考えて、動いてみよう」

自分の在り方や、日常の疑問を大切にしてみよう。

自ら感じ、考えたことはあなた自身を形作るものだ。

自分の中から生まれたものをベースに行動・発言すると、

自分がやってみた、言ってみたことに自然と責任感が生まれてくる。

人は自分から発したことでなければ責任をとれない。

自分の行いの結末はわからないけど、

誠実な言動・行動は誰かが見てくれている。

自分で考えて、言ってみて、やってみて、学んでいこう。

 

授業フリップ part4

f:id:gt_24_o223:20200610180513j:image

できるようになろうとし続けることは、

できるようになろうとすることをやめないこととも言えます。

 

・1日サボっちゃった。

・自分の決めた時に勉強をしなかった。

自分はやらなかったのか、やれなかったのか、できなかったのか、忘れていただけなのか。

結果として自分の約束が守れなかったとしても、守れなかったことを悔やんでも仕方がない。

昨日ダメでも、できるようになるには、「今日やるしかない。」

続けようとせず、「やめない」ことだ。

中立なんて

一つひとつのことを対話的に扱おうとすれば、それはそれは多様な意見がある。

人の話を聞けていると思い込んだときから聴けてないし、

中立だと思い込んだときから、ズレ始めている。

対話を行うたびにそもそも分かり合えず、中立などないという前提に立ち戻る。

 

対話は、お互いが万能でないことを知れる機会であり、足りてないところも気付けるチャンスがある。

対話しなきゃよかったと思うこともある。

うまーく限定された人だけで、まとめておけばと思うこともある。

正しさで人を傷つけることもある。

そして「あの言葉は大丈夫かな?」と心配になる。

 

このように内省をする文章を書こうと、

この文章で自分をうやむやにしてはいけない。

湧き出た感情や、視点の欠けた発言には誠実に謝罪をする。

何か悶々とする時には、自分に落ち度があるんじゃないかって思っているとき。

授業フリップ part3

f:id:gt_24_o223:20200607213524j:image

どちらのせいにもしない授業を目指す。

教員がどれだけ良い(と教員が思っている)レクチャーをしても、そのレクチャーが学習者全員の理解につながらないこともある。

ましてや、一度の素晴らしいレクチャーで技術や知識が定着することも少ない。

もちろん、教員側はあきらめていけない。

けれども、自分が完璧だと思っているレクチャーだからといって、生徒を攻めるのは傲慢だ。

しかし、一斉講義をする時間が続けばその分、生徒の理解に差が出てくる。

知らず知らず、生徒を傷つけることもあるかもしれない。(ないかもしれない。)

 

生徒は自分が理解できないことを教員のせいにしない、

教員は生徒が理解できないことを生徒のせいにしない。

できる事を史上の価値にしない。

なにを、どこまで、どうやって、どれくらいまでできるようになるかは生徒が選んでよいのではないか。

生徒にしか決められないのではないかと思う。

教員はその相談や、現状を生徒の鏡となることくらいしかできないのではないかと思う。

 

果たして40人を相手にこの理想の授業を構築できるのだろうか。

とても楽しみだ。